ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

シミュレーション データ ログについて

推奨ワークフロー

シミュレーション データのログをワークスペースに作成し、デバッグや確認に利用することができます。データ ログにより、シミュレーション中の時間経過に伴い内部ブロックの変数がどのように変化するかを解析できます。たとえば、油圧シリンダー内の圧力が所定の最小値より大きいことを確認したり、その値をポンプ圧と比較することが可能です。シミュレーション データのログをワークスペースに作成すると、後ほどシミュレーションを再実行せずにこのデータのクエリ、プロット、解析が行えます。

また、シミュレーション データ ログにより、シミュレーション データの追跡にセンサーやスコープを接続する必要がなくなります。こうしたブロックを使用すると、モデルが複雑になり、シミュレーションの速度が低下します。「シミュレーション データのログ作成とプロット」では、センサーをモデルに追加する代わりにシミュレーション データ ログを作成し、プロットする方法を示しています。また、モデルの完全なログ ツリーを表示し、選択した変数のシミュレーション結果をプロットする方法も示します。

詳細は、simscape.logging.Nodesimscape.logging.Series の各クラスと関連メソッドのリファレンス ページを参照してください。

制限

シミュレーション データ ログは、次の項目についてはサポートされていません。

  • モデル参照

  • 生成されたコード

  • アクセラレータ モード

  • ラピッド アクセラレータ モード

この情報は役に立ちましたか?