ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

table

異なる型をもつことができる名前付きの列で構成された、表形式の配列

table は列方向のデータや表形式データに適したデータ型です。多くの場合、こうしたデータはテキスト ファイルやスプレッドシートに列として格納されます。テーブルは、行と列方向の変数で構成されます。テーブル内の各変数は異なるデータ型および異なるサイズをもつことができますが、各変数には、行数が同じでなければなければならないという制限があります。詳細については、テーブルの作成と操作を参照するか、テーブルと categorical 配列をご覧ください。

関数

すべて展開する

table異なる型を含むことができる名前付き変数をもつ table 配列
array2table同種配列のテーブルへの変換
cell2tablecell 配列のテーブルへの変換
struct2table構造体配列のテーブルへの変換
table2arrayテーブルの同種配列への変換
table2cellテーブルの cell 配列への変換
table2structテーブルの構造体配列への変換
table2timetabletable の timetable への変換
timetable2tabletimetable の table への変換

基本的なインポートとエクスポート

readtableファイルからのテーブルの作成
writetableファイルへのテーブルの書き込み

インポートのルールの定義

detectImportOptionsファイルの内容に基づくインポート オプションの作成
getvaropts変数インポート オプションの取得
setvaropts変数のインポート オプションの設定
setvartype変数のデータ型の設定
headtable、timetable、tall 配列の上部の行を取得
tailtable、timetable、または tall 配列の最後の数行を取得
summarytable、timetable または categorical 配列の概要の表示
heightテーブル行の数
widthテーブル変数の数
istable入力がテーブルかどうかを判別

並べ替え

sortrows行列または table の行の並べ替え
unique配列の一意の値
issortedrows行列または table の行が並べ替えされているかどうかを判別
topkrows並べ替えられた上位の行

変数の再配列

addvars変数を table または timetable に追加
movevarstable または timetable の変数を移動
removevarstable または timetable からの変数の削除
splitvarstable または timetable の複数列の変数を分割
mergevarstable 変数または timetable 変数を複数列変数にまとめる
vartype変数の型による table または timetable の添字

形状変更

rows2varstable または timetable の再配列による行の変数への変更
stack複数変数のデータを単一変数にスタック
unstack単一変数からデータを取り出して複数変数に入れる
inner2outertable または timetable の table が table 内にある入れ子の階層の反転

キー変数を使用した連結

joinキー変数を使用した 2 つの table または timetable の組み合わせ
innerjoin2 つの table または timetable 間の内部連結
outerjoin2 つの table または timetable の間の外部連結

集合演算

union2 つの配列の和集合
intersect2 つの配列の積集合
ismember集合配列のメンバーである配列要素
setdiff2 つの配列の差集合
setxor2 つの配列の排他的論理和のセット
ismissing欠損値を検出
standardizeMissing標準の欠損値を挿入
rmmissing欠損エントリを削除
fillmissing欠損値を埋める
varfun関数をテーブル変数または timetable 変数に適用
rowfuntable または timetable の行への関数の適用
findgroupsグループを見つけてグループ番号を返す
splitapplyデータをグループに分割して関数を適用
groupsummaryグループ要約の計算

トピック

table を使用する利点

table を使用して、異なるタイプのデータを便利に格納し、数値のインデックスまたは名前付きインデックスを使ってデータにアクセスし、メタデータを格納します。

テーブルの作成と操作

この例では、ワークスペース変数から table を作成し、table データを操作して、後で使用するために table をファイルに書き込む方法を示します。

テーブル内のデータへのアクセス

小かっこ、中かっこ、ドット表記による table のインデックス付けは、それぞれ結果が異なります。インデックスを使用して、大きい table のサブセットである table を作成したり、table 内のデータから配列を作成することができます。

テーブルでの計算

この例では、テーブルで計算を行う方法を示します。

R2016b における DimensionNames プロパティへの変更

DimensionNames プロパティを変更するときに、table で互換性の警告を表示したり、次元名を変更したりできます。