ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

whitebg

Axes の背景色の変更

構文

whitebg
whitebg(fig)
whitebg(ColorSpec)
whitebg(fig, ColorSpec)
whitebg(fig, ColorSpec)
whitebg(fig)

説明

whitebg は、現在の Figure 内の色を設定します。

whitebg(fig) は、ベクトル fig で指定されたすべての Figure 内の色を設定します。

whitebg(ColorSpec) whitebg(fig, ColorSpec) は、Figure の子オブジェクトである Axes の色を関数 ColorSpec で指定された色に変更します。Figure を指定しない場合、関数 whitebg または whitebg(ColorSpec) は、現在の Figure とルートの既定のプロパティに影響を与えるため、それ以降のプロットや新規 Figure は、新しく指定された色を使用します。

whitebg(fig, ColorSpec) は、ベクトル fig 内の Figure の既定の座標軸の背景色を、ColorSpec で指定された色に設定します。他の座標軸のプロパティと Figure の背景色は、グラフが適切なコントラストを維持するように、変更される場合があります。ColorSpec は、1 行 3 列の RGB カラー、または 'white''w' のような色の文字列になります。

whitebg(fig) は、指定された Figure 内のオブジェクトの色を設定します。この構文は、黒と白の座標軸の背景色の切り替えに使用され、このことが関数 whitebg という名称の由来となっています。ウィンドウや clf reset に既定のプロパティの影響を与えるには、fig 内のルート ウィンドウのハンドル (0) を設定します。

背景色をブルーグレーに設定します。

whitebg([0 .5 .6])

背景色を青に設定します。

whitebg('blue')

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

関数 whitebg は、Figure 内のすべての座標軸が同じ背景色をもつ場合に最も適切に機能します。

関数 whitebg は、面の影を除く、Figure の子オブジェクトの色を変更します。これにより、すべてのオブジェクトは新規の背景色に対して可視になります。関数 whitebg は、以降のすべての Figure が新しい背景色を使用するように、ルート上にある既定のプロパティを設定します。

この情報は役に立ちましたか?