ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

what

フォルダー内の MATLAB ファイルの一覧表示

構文

  • what
  • what folderName
  • s = what(folderName)

説明

what は、現在のフォルダーのパスと、現在のフォルダーにある MATLAB® 関連のすべてのファイルおよびフォルダーを一覧表示します。この一覧表示には、MathWorks® のファイル拡張子をもつすべてのファイル (MATLAB ライブ スクリプト (.mlx) を除く) が含まれます。この一覧表示には、クラス フォルダーとパッケージ フォルダーもすべて含まれます。詳細は、「MathWorks ファイルの拡張子」を参照してください。

what folderName は、folderName のパス、ファイルおよびフォルダー情報を一覧表示します。クラスおよびパッケージ フォルダーに @+ 記号を指定する必要はありません。たとえば、what table は、toolbox/matlab/datatypes/@table にある MATLAB ファイルとフォルダーを一覧表示します。

s = what(folderName) は、結果を構造体配列として返します。

すべて折りたたむ

graph2d フォルダー内の MATLAB ファイルおよびフォルダーの一覧を表示します。このフォルダーの場所はインストールによって異なります。

what graph2d
MATLAB Code files in folder matlabroot\toolbox\matlab\graph2d

Contents            figtoolset             loglog         putdowntext            setscribeobjectdata    
axis                getcolumn              middrag        rbbox                  subplot                
basicfitdatastat    getobj                 moveaxis       scribeclearmode        texlabel               
box                 getorcreateobj         pan            scribeeventhandler     text                   
doclick             getscribecontextmenu   plot           scriberestoresavefcns  title                  
dokeypress          getscribeobjectdata    plotedit       scribetextdlg          xlabel                 
domymenu            grid                   plotyy         semilogx               ylabel                 
doresize            gtext                  polar          semilogy               zoom                   
enddrag             jpropeditutils         prepdrag       setscribecontextmenu   

P-files in folder matlabroot\toolbox\matlab\graph2d

axis            jpropeditutils  plotyy          subplot         zoom            

Classes in folder matlabroot\toolbox\matlab\graph2d

arrowline     axisobj       editline      fighandle     hgbin         scribehgobj   
axischild     axistext      editrect      figobj        scribehandle  
    

MATLAB ファイルを含む Fixed-Point Designer™ フォルダーを検索します。

s = what('fixpoint')
s = 

        path: 'matlabroot\toolbox\fixpoint'
           m: {4x1 cell}
       mlapp: {0x1 cell}
         mat: {0x1 cell}
         mex: {0x1 cell}
         mdl: {0x1 cell}
         slx: {0x1 cell}
           p: {'hasFixedPointDesigner.p'}
     classes: {0x1 cell}
    packages: {'DataTypeWorkflow'}

matlabroot\toolbox\fixpoint フォルダー内のパッケージを一覧表示します。

s.packages
ans = 

    'DataTypeWorkflow'

DataTypeWorkflow パッケージのサポート ファイルを検索します。

s2 = what('DataTypeWorkflow');
s2.p
ans = 

    'DTWRun.p'
    'DiffRunResult.p'
    'DiffSignalResult.p'
    'Result.p'

入力引数

すべて折りたたむ

フォルダー名。文字列として指定します。

フォルダーの絶対パスを指定する必要はありません。代わりに相対的な部分パスを指定できます。たとえば、what strfunwhat matlab/strfun のどちらを使用しても、toolbox/matlab/strfun にある MATLAB ファイルの一覧が表示されます。詳細は、「ファイル名の指定」を参照してください。

出力引数

すべて折りたたむ

パス、ファイルおよびフォルダーのリスト。次のフィールドから成る構造体配列として返されます。

フィールド

説明

path

フォルダーの絶対パス

m

MATLAB プログラム ファイル名のセル配列

mlapp

MLAPP ファイル名のセル配列

mat

MAT ファイル名のセル配列

mex

MEX ファイル名のセル配列

mdl

MDL ファイル名のセル配列

slx

SLX ファイル名のセル配列

p

P ファイル名のセル配列

classes

クラス フォルダーのセル配列

packages

パッケージ フォルダーのセル配列

参考

| | | | |

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?