ドキュメンテーション

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

volumebounds

物体データに対する座標と色の範囲

構文

lims = volumebounds(X,Y,Z,V)
lims = volumebounds(X,Y,Z,U,V,W)
lims = volumebounds(V)
lims = volumebounds(U,V,W)

説明

lims = volumebounds(X,Y,Z,V) は、スカラー 3 次元データの現在の軸の x、y、z 座標と色の範囲を返します。lims は、ベクトルとして返されます。

[xmin xmax ymin ymax zmin zmax cmin cmax]

このベクトルは、axis コマンドに渡されます。

lims = volumebounds(X,Y,Z,U,V,W) は、ベクトル 3 次元データの現在の軸の x、y、z 座標の範囲を返します。lims は、ベクトルとして返されます。

[xmin xmax ymin ymax zmin zmax]

lims = volumebounds(V) および lims = volumebounds(U,V,W) は、XYZ が以下の式によって決定されると仮定します。

[X Y Z] = meshgrid(1:n,1:m,1:p) 

ここで [m n p] = size(V) です。

この例は、volumebounds を使って、関数 flow で作成された isosurface に対して、軸と色の範囲を設定します。

[x y z v] = flow;
p = patch(isosurface(x,y,z,v,-3));
isonormals(x,y,z,v,p)
daspect([1 1 1])
isocolors(x,y,z,fliplr(v),p)
shading interp
axis(volumebounds(x,y,z,v))
この情報は役に立ちましたか?