ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

text

現在の Axes に Text オブジェクトを作成

構文

text(x,y,'string')
text(x,y,z,'string')
text(x,y,z,'string','PropertyName',PropertyValue....)
text('PropertyName',PropertyValue....)
h = text(...)

プロパティ

プロパティの一覧については、Text のプロパティ を参照してください。

説明

text は、Text グラフィックス オブジェクトを生成する低水準関数です。指定した位置に文字列を配置するために、text を使います。

text(x,y,'string') は、点 (x,y) で指定した位置に引用符で囲んだ文字列を加えます。x および ydouble クラスの数としなければなりません。

text(x,y,z,'string') は、3 次元座標に文字列を付け加えます。xy、および zdouble クラスの数とする必要があります。

text(x,y,z,'string','PropertyName',PropertyValue....) は、座標で定義した位置に引用符で囲んだ文字列を付け加え、指定したテキスト プロパティの値を使います。プロパティの詳細は、Text のプロパティ を参照してください。

text('PropertyName',PropertyValue....) は、座標を省略し、プロパティの名前と値のペアを使用してすべてのプロパティを指定します。

h = text(...) は、オブジェクトごとに 1 つのハンドルをもつ Text オブジェクトのハンドル番号からなる列ベクトルを返します。関数 text のすべての形式で、この出力引数をオプションとして返します。

すべて折りたたむ

グラフ上の点へのラベル付け

$(\pi,0)$ に文字列 $\sin(\pi)$ の注釈を付けます。

x = 0:pi/20:2*pi;
y = sin(x);

figure % new figure window
plot(x,y)
text(pi,0,' \leftarrow sin(\pi)')

ギリシャ文字を伴う数式の表示

組み込み TeX 文字列を使用して、方程式を空の座標軸に表示します。

axes
text(0.5,0.5,'\ite^{i\omega\tau} = cos(\omega\tau) + i sin(\omega\tau)')

既定のプロパティの設定

座標軸、Figure およびルート レベルで既定のテキスト プロパティを設定できます。

set(0,'DefaulttextProperty',PropertyValue...)
set(gcf,'DefaulttextProperty',PropertyValue...)
set(gca,'DefaulttextProperty',PropertyValue...)

ここで、Property は、Text プロパティの名前で、PropertyValue は指定する値です。テキスト プロパティにアクセスするには、set および get を使用してください。

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

Axes 内のテキストの位置

既定のテキスト単位は、グラフのプロット データに使用される単位です。現在のグラフのデータ単位でテキストの位置座標 (xy および z 引数) を指定します。text の Units プロパティを normalized や非相対的な単位 (pixelsinchescentimeterspoints、または characters) に設定して、テキストの配置に他の単位を使用できます。

Axes の Units プロパティは、Figure 内の Axes の位置を制御し、グラフに使用される Axes のデータ単位と関係がないことに注意してください。

ExtentVerticalAlignment、および HorizontalAlignment プロパティは、テキストの位置の点を基準に文字列の配置をコントロールします。

座標がベクトルの場合、text は点のリストで定義されたすべての位置に文字列を書き込みます。文字列が xyz と同じ長さの配列の場合、text は指定した各点に文字列配列の対応する行を書き込みます。

複数行のテキスト

複数の Text オブジェクトの文字列を指定する場合は、文字列は以下になります。

  • 文字列のセル配列

  • パディングされた文字列行列

指定した文字列配列の各要素は、別々の Text オブジェクトを作成します。

1 つの Text オブジェクトに文字列を指定する場合、文字列のセル配列とパディングされた文字列行列は、複数行の文字列の Text オブジェクトになり、'|' は区切りとして解釈されず、垂直なスラッシュを含む 1 行の文字列になります。

関数 Text の動作

関数 text は、プロパティの名前と値のペアを入力引数とする低水準関数ですが、便利な入力方法があります。

text(x,y,z,'string')

は、以下と等価です。

text('Position',[x,y,z],'String','string')

他のプロパティは、プロパティの名前と値のペアとしてのみ指定できます。プロパティは、プロパティの名前と値のペア、構造体配列、セル配列として指定できます (これらのデータ型の指定方法の例は、setget のリファレンス ページを参照してください)。

関数 text は、Figure や軸の NextPlot プロパティの設定には従いません。そのため、holdon に設定せずに、既存の Axes に Text オブジェクトを付け加えることができます。

参考

MATLAB 関数

プロパティ

この情報は役に立ちましたか?