ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

strtrim

文字列の前後にある空白文字の削除

構文

S = strtrim(str)
C = strtrim(cstr)

説明

S = strtrim(str) は、文字列 str のコピーを、その文字列の前後にあるすべての空白文字を削除して返します。空白文字とは、関数 isspace が論理値 1 (true) を返すものです。

C = strtrim(cstr) は、文字列のセル配列 cstr のコピーを、その前後にあるすべての空白文字を削除して返します。

str から先頭の空白文字 (スペースとタブ) を消去します。

str = sprintf('  \t   Remove    leading white-space')
str =
        Remove    leading white-space

str = strtrim(str)
str =
Remove    leading white-space

文字列のセル配列から前後の空白文字を消去します。

cstr = {'     Trim leading white-space';
        'Trim trailing white-space     '};

cstr = strtrim(cstr)
cstr = 
    'Trim leading white-space'
    'Trim trailing white-space'
この情報は役に立ちましたか?