ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

squeeze

大きさが 1 の次元の削除

構文

B = squeeze(A)

説明

B = squeeze(A) は、A と同じ要素をもちますが、大きさが 1 の次元がすべて削除された配列 B を返します。大きさが 1 の次元とは、size(A,dim) = 1 になる次元です。2 次元配列は、squeeze を実行しても変化はありません。A が行ベクトル、列ベクトルまたはスカラー (1 行 1 列) 値の場合、B = A になります。

すべて折りたたむ

2 x 1 x 3 の配列を作成し、大きさが 1 の列次元を削除して 2 行 3 列の行列を作成します。

y = rand(2,1,3)
z = squeeze(y)
y(:,:,1) =

    0.8147
    0.9058


y(:,:,2) =

    0.1270
    0.9134


y(:,:,3) =

    0.6324
    0.0975


z =

    0.8147    0.1270    0.6324
    0.9058    0.9134    0.0975

1 x 1 x 5 の 1 の配列を作成します。

mat = repmat(1,[1,1,5])
mat(:,:,1) =

     1


mat(:,:,2) =

     1


mat(:,:,3) =

     1


mat(:,:,4) =

     1


mat(:,:,5) =

     1

3 番目の次元のデータをまとめて 5 行 1 列の列ベクトルを作成します。

squeeze(mat)
ans =

     1
     1
     1
     1
     1

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?