ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

sprandn

正規分布するスパース ランダム行列

構文

R = sprandn(S)
R = sprandn(m,n,density)
R = sprandn(m,n,density,rc)

説明

R = sprandn(S) は、S と同じスパース構造で、平均 0、分散 1 の正規分布乱数を要素とする行列になります。

R = sprandn(m,n,density) は、mn 列のスパース乱数行列です。この行列は、ほぼ density*m*n 個の非ゼロ要素をもち、正規分布乱数を要素とします (ただし 0 <= density <= 1 です)。

R = sprandn(m,n,density,rc) では、条件数の逆数がほぼ rc と等しくなります。R はランク 1 の行列の和から構成されます。

lr <= min(m,n) の場合に、rc が長さ lr のベクトルの場合、R は最初の lr の特異値が rc で他はすべてゼロになります。この場合、R は与えられた特異値をもつ対角行列にランダムな平面回転を適用して作られます。R は、多くの位相的構造や代数的構造をもっています。

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

  • 関数 sprandn は、randrandi、および randn と同じ乱数発生器を使用します。この発生器を rng で制御します。

参考

|

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?