ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

snapnow

イメージのスナップショットのパブリッシュされたドキュメントへの強制的な包含

構文

snapnow

説明

snapnow コマンドは、パブリッシュされたドキュメント内に表示するためにコードによって最後に生成されたイメージまたはプロットのスナップショットを強制します。出力は、パブリッシュされたドキュメントの snapnow コマンドに含まれるセルの末尾に表示されます。ファイルの変換以外の操作で使用された場合、snapnowdrawnow と同様に動作します。つまり、snapnow コマンドのあるファイルを実行すると、MATLAB® ソフトウェアは、このコマンドを drawnow コマンドであるかのように解釈します。

この例では、snapnow コマンドのあるコードの変換と、そのコードの実行の差異について説明します。最初のイメージは、コードの変換結果を、2 番目のイメージは、コードの実行結果を示します。

以下のコードを含むファイルがあるとします。

%% Scale magic Data and
%% Display as Image:

for i=1:3
    imagesc(magic(i))
    snapnow
end

コードを HTML にパブリッシュすると、パブリッシュされたドキュメントには、タイトル、目次、コメント文、コード、for ループによって生成された 3 つのイメージが表示されます(表示されているパブリッシュされたドキュメントでは、イメージのサイズが縮小されています)。

コードを実行すると、1 つの Figure ウィンドウが開き、MATLAB によって for ループの反復が評価されるごとにこのウィンドウ内のイメージが更新されます後続のイメージによってその前のイメージが置換されるため、コードの評価が完了したときの Figure ウィンドウは次のように表示されます。

参考

R2008b で導入

この情報は役に立ちましたか?