ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

semilogy

構文

semilogy(Y)
semilogy(X1,Y1,...)
semilogy(X1,Y1,LineSpec,...)
semilogy(...,'PropertyName',PropertyValue,...)
semilogy(ax,...)
h = semilogy(...)

説明

semilogy は、データを対数スケールとして y 軸にプロットします。

semilogy(Y) は、y 軸に 10 を底とする対数スケール、x 軸に線形スケールを使用して、プロットを作成します。Y が実数を含む場合は、Y の列をインデックスに対してプロットします。Y が複素数を含む場合、semilogy(Y)semilogy(real(Y),imag(Y)) と同じです。semilogy は、この関数の他のすべての使用においては虚数部を無視します。

semilogy(X1,Y1,...) は、YnXn のすべての組み合わせをプロットします。Yn または Xn のいずれかだけが行列の場合、semilogy は長さがベクトルの長さに一致する行列の次元に沿って、ベクトルの引数に行列の行または列をプロットします。行列が正方行列の場合、長さが同じであれば列はベクトルに対してプロットされます。

semilogy(X1,Y1,LineSpec,...) は、Xn,Yn,LineSpec の 3 要素 1 組で定義されたすべてのラインをプロットします。関数 LineSpec は、ライン スタイル、マーカー記号およびプロットするラインの色を指定します。

semilogy(...,'PropertyName',PropertyValue,...) は、semilogy で作成されるすべてのチャート ラインのプロパティ値を設定します。プロパティの一覧については、Chart Line のプロパティ を参照してください。

semilogy(ax,...) は、現在の座標軸 (gca) ではなく、ax で指定された座標軸にラインを作成します。オプションの ax は、前述の構文のすべての入力引数の組み合わせより前に指定できます。

h = semilogy(...) は chart line オブジェクトのベクトルを返します。

すべて折りたたむ

y 軸に対数スケールを使用し、x 軸に線形スケールを使用してプロットを作成します。

x = 0:0.1:10;
y = exp(x);

figure
semilogy(x,y)

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

複数のラインをプロットするときに色を指定しなかった場合、関数 semilogy は、現在の座標軸の ColorOrder プロパティと LineStyleOrder プロパティで指定された順序で色とライン スタイルを自動的に繰り返し使用します。

Xn,Yn の組と Xn,Yn,LineSpec の 3 組を混在して入力できます。以下に例を示します。

semilogy(X1,Y1,X2,Y2,LineSpec,X3,Y3)

loglogsemilogx、または semilogy プロットを hold on を使用して、線形軸モードのグラフに追加すると、軸モードはそのままで新しいデータを線形でプロットします。

参考

関数

プロパティ

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?