ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

savepath

現在の検索パスの保存

構文

  • savepath
  • savepath folderName/pathdef.m
  • status = savepath(___)

説明

savepath は現在の MATLAB® 検索パスを、現在のフォルダーにある既存の pathdef.m ファイルに保存します。現在のフォルダーに pathdef.m ファイルが存在しない場合、savepath は現在のパス上にある最初の pathdef.m ファイルに検索パスを保存します。該当するファイルが現在のパスに存在しない場合、savepath は、起動時に MATLAB で検出された pathdef.m ファイルに検索パスを保存します。

Windows® システムでユーザー アカウント制御 (UAC) が有効になっている場合、管理者レベルの権限が必要となるため、更新操作を許可するように求められる場合があります。

savepath folderName/pathdef.m は、現在の検索パスを folderName で指定されたフォルダーにある pathdef.m に保存します。folderName を指定しない場合、savepathpathdef.m を現在のフォルダーに保存します。

現在の pathdef.m ファイルへの書き込みアクセス権限がない場合、この構文を使用します。

status = savepath(___) は、前述の構文の入力引数のいずれかを使用して、操作が正常に完了したかどうかも示します。出力される status は、savepath が正常に完了した場合は 0、それ以外の場合は 1 です。

すべて折りたたむ

現在の検索パスを I:/my_matlab_files フォルダーにある pathdef.m に保存します。

savepath I:/my_matlab_files/pathdef.m

入力引数

すべて折りたたむ

フォルダー名。文字列として指定します。folderName には相対パスと絶対パスのどちらも使用できます。

例: C:\myFolder

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

  • 現在のフォルダーおよび現在の検索パスにあるすべての pathdef.m ファイルのパスを表示するには、which を使用します。

    which pathdef.m -all
    savepath コマンドは、このリストにある最初の pathdef.m ファイルを更新します。

  • MATLAB を終了するたびにプログラムを使用して検索パスを保存するには、finish.m ファイルで savepath を使用します。

  • 検索パスを保存して将来のセッションで自動的に使用するには、savepath folderName/pathdef.m 構文を使用して、folderName で指定されたフォルダーを MATLAB 起動フォルダーとして指定します。

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?