ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

randn (RandStream)

正規分布の疑似乱数

クラス

RandStream

構文

r = randn(s,m,n)
r = randn(s,[m,n])
r = randn(s,m,n,p,...)
r = randn(s,[m,n,p,...])
r = randn(s)
r = randn(s,size(A))
r = randn(...,'double')
r = randn(...,'single')

説明

r = randn(s,n) は、標準正規分布から取り出される疑似乱数値を含む nn 列の行列を返します。randn は、これらの値を乱数ストリーム s から取得します。

r = randn(s,m,n) または r = randn(s,[m,n]) は、m x n の行列を返します。

r = randn(s,m,n,p,...) または r = randn(s,[m,n,p,...]) は、m x n x p x ... の配列を返します。

r = randn(s) は、スカラーを返します。

r = randn(s,size(A)) は、A と同じサイズの配列を返します。

r = randn(...,'double') または r = randn(...,'single') は、指定したクラスの一様な値の配列を返します。

    メモ:   サイズの入力 mnp は、非負の整数にする必要があります。負の整数は、0 として扱われます。

randn で生成される数列は、乱数ストリーム s の内部状態によって決定されます。randn は、各正規値を生成するために s から 1 つまたは複数の一様な値を使用します。ストリームを同じ固定した状態に再設定すると、繰り返し計算が可能になります。ストリームを別の状態に設定すると、計算を固有にしますが、統計的な特性を改善しません。

この情報は役に立ちましたか?