ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

plot

線形 2 次元プロット

構文

plot(X,Y)
plot(X,Y,LineSpec)
plot(X1,Y1,...,Xn,Yn)
plot(X1,Y1,LineSpec1,...,Xn,Yn,LineSpecn)
plot(Y)
plot(Y,LineSpec)
plot(___,Name,Value)
plot(ax,___)
h = plot(___)

説明

plot(X,Y) は、X の値に対応する Y のデータの 2 次元ライン プロットを作成します。

  • XY が共にベクトルの場合、それらの長さは等しくなければなりません。関数 plotX に対して Y をプロットします。

  • XY が共に行列の場合、それらのサイズは等しくなければなりません。関数 plotX の列に対して Y の列をプロットします。

  • X または Y のどちらかがベクトルで他方が行列の場合、行列の次元はいずれかの辺がベクトルの長さと等しいような次元でなければなりません。行列の行数とベクトルの長さが等しい場合、関数 plot はベクトルに対して行列の各列をプロットします。行列の列数とベクトルの長さが等しい場合、この関数はベクトルに対して行列の各行をプロットします。行列が正方行列の場合、この関数はベクトルに対して各列をプロットします。

  • XY のどちらかがスカラーで、もう片方がスカラーまたはベクトルの場合、関数 plot は離散点をプロットします。ただし、点を表示するには、たとえば plot(X,Y,'o') のようにマーカー記号を指定しなければなりません。

plot(X,Y,LineSpec) は、ライン スタイル、マーカー記号、色を設定します。

plot(X1,Y1,...,Xn,Yn) は、すべてのラインに対して同じ Axes を使用して複数の XY ペアをプロットします。

plot(X1,Y1,LineSpec1,...,Xn,Yn,LineSpecn) は、各ラインのライン スタイル、マーカー タイプ、色を設定します。XYLineSpec の 3 要素と XY の 2 要素は混在して入力できます。たとえば、plot(X1,Y1,X2,Y2,LineSpec2,X3,Y3) のようになります。

plot(Y) は、Y のデータと各値のインデックスの 2 次元ライン プロットを作成します。

  • Y がベクトルの場合、x 軸の範囲は 1 から length(Y) までになります。

  • Y が行列の場合、関数 plot は行番号に対して Y の列をプロットします。x 軸のスケール範囲は、1 から Y の行数までです。

  • Y が複素数の場合、関数 plot は、plot(Y)plot(real(Y),imag(Y)) と等しくなるように、Y の実数部に対して Y の虚数部をプロットします。

plot(Y,LineSpec) は、ライン スタイル、マーカー記号、色を設定します。

plot(___,Name,Value) は、1 つ以上の Name,Value のペアの引数を使用して、ラインのプロパティを指定します。プロパティの一覧については、Chart Line のプロパティ を参照してください。このオプションは、前述の構文のすべての入力引数の組み合わせで使用できます。Name,Value ペアの設定はプロットされたすべてのラインに適用されます。

plot(ax,___) は、現在の座標軸 (gca) ではなく、ax で指定された座標軸にラインを作成します。オプションの ax は、前述の構文のすべての入力引数の組み合わせより前に指定できます。

h = plot(___) は chart line オブジェクトの列ベクトルを返します。作成した後で特定のチャート ラインのプロパティを変更するには h を使用します。プロパティの一覧については、Chart Line のプロパティ を参照してください。

すべて折りたたむ

x を、0 と の間の線形に配置された値のベクトルとして定義します。値の間には のインクリメントを使用します。yx の正弦値として定義します。

x = 0:pi/100:2*pi;
y = sin(x);

データのライン プロットを作成します。

figure % opens new figure window
plot(x,y)

x の間で線形に配置された 100 個の値として定義します。y1 および y2x の正弦値および余弦値として定義します。両方のデータセットのライン プロットを作成します。

x = linspace(-2*pi,2*pi);
y1 = sin(x);
y2 = cos(x);

figure
plot(x,y1,x,y2)

Y を、関数 magic によって返される 4 行 4 列の行列として定義します。

Y = magic(4)
Y = 

    16     2     3    13
     5    11    10     8
     9     7     6    12
     4    14    15     1

Y の 2 次元ライン プロットを作成します。MATLAB® は行列の各列を個別のラインとしてプロットします。

figure
plot(Y)

ライン間に小さい位相シフトを指定して 3 つの正弦曲線をプロットします。最初のラインには既定のライン スタイルを使用します。2 番目のラインには破線のライン スタイルを、3 番目のラインには点線のライン スタイルを指定します。

x = 0:pi/100:2*pi;
y1 = sin(x);
y2 = sin(x-0.25);
y3 = sin(x-0.5);

figure
plot(x,y1,x,y2,'--',x,y3,':')

MATLAB® は既定の色の順序でラインの色を繰り返し使用します。

ライン間に小さい位相シフトを指定して 3 つの正弦曲線をプロットします。最初の正弦曲線にはマーカーなしの緑色のラインを使用します。2 番目の正弦曲線には丸いマーカーをもつ青色の破線を使用します。3 番目の正弦曲線にはシアンの星印のマーカーのみを使用します。

x = 0:pi/10:2*pi;
y1 = sin(x);
y2 = sin(x-0.25);
y3 = sin(x-0.5);

figure
plot(x,y1,'g',x,y2,'b--o',x,y3,'c*')

ライン プロットを作成し、マーカー記号を指定して MarkerIndices プロパティを名前と値のペアとして設定することにより 5 つのデータ点ごとにマーカーを表示します。

x = linspace(0,10);
y = sin(x);
plot(x,y,'-o','MarkerIndices',1:5:length(y))

ライン プロットを作成し、LineSpec オプションを使用して四角形のマーカーをもつ緑色の破線を指定します。Name,Value ペアを使用してラインの幅、マーカー サイズおよびマーカーの色を指定します。マーカー エッジの色を青色に設定し、RGB カラー値を使用してマーカー面の色を設定します。

x = -pi:pi/10:pi;
y = tan(sin(x)) - sin(tan(x));

figure
plot(x,y,'--gs',...
    'LineWidth',2,...
    'MarkerSize',10,...
    'MarkerEdgeColor','b',...
    'MarkerFaceColor',[0.5,0.5,0.5])

関数 linspace を使用し、0 から 10 の間の 150 個の値のベクトルとして x を定義します。y は、x の余弦値として定義します。

x = linspace(0,10,150);
y = cos(5*x);

余弦曲線の 2 次元ライン プロットを作成します。RGB カラー値を使用して青緑の色調にライン色を変更します。関数 titlexlabel および ylabel を使用してグラフにタイトルと軸ラベルを追加します。

figure
plot(x,y,'Color',[0,0.7,0.9])

title('2-D Line Plot')
xlabel('x')
ylabel('cos(5x)')

t を 0 分と 3 分の間で線形に配置された 7 個の duration 値として定義します。乱数データをプロットし、名前と値のペアの引数 'DurationTickFormat' を使用して duration の目盛りの形式を指定します。

t = 0:seconds(30):minutes(3);
y = rand(1,7);

plot(t,y,'DurationTickFormat','mm:ss')

2 つのサブプロットを含む Figure を作成し、各サブプロットの軸である ax1 および ax1 にハンドルを返します。

figure % new figure
ax1 = subplot(2,1,1); % top subplot
ax2 = subplot(2,1,2); % bottom subplot

Axes のハンドルを参照して、各 Axes に 2 次元ライン プロットを作成します。関数 title および ylabel に Axes のハンドルを渡し、各 Axes にタイトルと y 軸ラベルを追加します。

x = linspace(0,3);
y1 = sin(5*x);
y2 = sin(15*x);

plot(ax1,x,y1)
title(ax1,'Top Subplot')
ylabel(ax1,'sin(5x)')

plot(ax2,x,y2)
title(ax2,'Bottom Subplot')
ylabel(ax2,'sin(15x)')

x の間で線形に配置された 100 個の値として定義します。y1 および y2x の正弦値および余弦値として定義します。両方のデータセットのライン プロットを作成し、2 つのチャート ラインを p で返します。

x = linspace(-2*pi,2*pi);
y1 = sin(x);
y2 = cos(x);
p = plot(x,y1,x,y2);

1 つ目のラインの幅を 2 に変更します。2 つ目のラインに星印のマーカーを追加します。R2014b から、プロパティの設定にドット表記を使用できるようになりました。それより前のリリースを使用している場合は、代わりに関数setを使用してください。

p(1).LineWidth = 2;
p(2).Marker = '*';

点 (4, 3) を中心とする、半径が 2 の円をプロットします。axis equal を使用して、各座標方向に沿って等しいデータ単位を使用します。

r = 2;
xc = 4;
yc = 3;

theta = linspace(0,2*pi);
x = r*cos(theta) + xc;
y = r*sin(theta) + yc;
plot(x,y)
axis equal

入力引数

すべて折りたたむ

y 値。スカラー、ベクトルまたは行列として指定します。特定の x 値に対してプロットするには、X も指定しなければなりません。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | categorical | datetime | duration

x 値。スカラー、ベクトルまたは行列として指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | categorical | datetime | duration

ライン スタイル、マーカーおよび色。記号の文字ベクトルとして指定します。記号の順番は任意です。3 つの特性 (ライン スタイル、マーカーおよび色) をすべて指定する必要はありません。たとえば、ライン スタイルを省略してマーカーを指定する場合、プロットはラインなしでマーカーのみを表示します。

例: '--or' は丸いマーカーをもった赤い破線

ライン スタイル説明
-実線 (既定の設定)
--破線
:点線
-.一点鎖線
マーカー説明
o
+プラス記号
*アスタリスク
.
x十字
s正方形
d菱形
^上向き三角形
v下向き三角形
>右向き三角形
<左向き三角形
p星形五角形
h星形六角形
説明

y

黄色

m

マゼンタ

c

シアン

r

g

b

w

k

プロットする座標軸。axes オブジェクトまたは polar axes オブジェクトとして指定します。座標軸を指定せず、現在の座標軸が直交座標軸の場合、関数 plot は現在の座標軸を使用します。極座標軸にプロットするには、最初の入力引数として polar axes オブジェクトを指定します。

名前/値のペアの引数

オプションの Name,Value 引数のペアをコンマ区切りで指定します。ここで、Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は単一引用符 (' ') で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順番で指定できます。

例: 'Marker','o','MarkerFaceColor','red'

ここでは、チャート ライン プロパティの一部だけを紹介しています。完全な一覧については、Chart Line のプロパティ を参照してください。

すべて折りたたむ

ラインの色。RGB 3 成分、色名の文字ベクトルまたは 'none' として指定します。Color'none' に指定した場合、ラインは非表示になります。

RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。次の表に、色の完全名および省略名のオプションと、等価の RGB 3 成分の値を示します。

完全名省略名RGB 3 成分
'yellow''y'[1 1 0]
'magenta''m'[1 0 1]
'cyan''c'[0 1 1]
'red''r'[1 0 0]
'green''g'[0 1 0]
'blue''b'[0 0 1]
'white''w'[1 1 1]
'black''k'[0 0 0]

例: 'blue'

例: [0 0 1]

ライン スタイル。次の表にリストされるライン スタイルのいずれかとして指定します。

ライン スタイル説明結果として得られる線
'-'実線

'--'破線

':'点線

'-.'一点鎖線

'none'ラインなしラインなし

ライン幅。ポイント単位の正の値として指定します。ラインがマーカーをもつ場合、ライン幅はマーカー エッジにも影響します。

例: 0.75

マーカー記号。次の表のマーカーのいずれかとして指定します。既定では、チャート ラインにマーカーはありません。マーカー記号を指定することで、ライン上の各データ点にマーカーが追加されます。

説明
'o'
'+'プラス記号
'*'アスタリスク
'.'
'x'十字
'square' または 's'正方形
'diamond' または 'd'菱形
'^'上向き三角形
'v'下向き三角形
'>'右向き三角形
'<'左向き三角形
'pentagram' または 'p'星形五角形
'hexagram' または 'h'星形六角形
'none'マーカーなし

例: 'Marker','+'

例: 'Marker','diamond'

マーカーを表示するデータ点のインデックス。正の整数のベクトルとして指定します。インデックスを指定しない場合、MATLAB® はすべてのデータ点でマーカーを表示します。

メモ

マーカーを表示するには、マーカー記号も指定しなければなりません。

例: plot(x,y,'-o,'MarkerIndices',[1 5 10]) は 1 番目、5 番目、10 番目のデータ点に円形のマーカーを表示します。

例: plot(x,y,'-x','MarkerIndices',1:3:length(y)) は 3 つのデータ点ごとに X 印のマーカーを表示します。

例: plot(x,y,'Marker','square','MarkerIndices',5) は 5 番目のデータ点に 1 つの四角形のマーカーを表示します。

マーカーの輪郭の色。次の値の 1 つとして指定します。

  • 'auto'Color プロパティで指定されている色と同じ色を使用します。

  • 'none' — 色を使いません。塗りつぶされていないマーカーは透明になります。

  • RGB 3 成分または色の名前の文字ベクトル — 指定された色を使用します。

RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。次の表に、色の完全名および省略名のオプションと、等価の RGB 3 成分の値を示します。

完全名省略名RGB 3 成分
'yellow''y'[1 1 0]
'magenta''m'[1 0 1]
'cyan''c'[0 1 1]
'red''r'[1 0 0]
'green''g'[0 1 0]
'blue''b'[0 0 1]
'white''w'[1 1 1]
'black''k'[0 0 0]

例: [0.5 0.5 0.5]

例: 'blue'

マーカーの塗りつぶし色。次の値の 1 つとして指定します。

  • 'none' — 色を使いません。内部は透明になります。

  • 'auto' — 座標軸の Color プロパティと同じ色を使用します。

  • RGB 3 成分または色の名前の文字ベクトル — 指定された色を使用します。

RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。次の表に、色の完全名および省略名のオプションと、等価の RGB 3 成分の値を示します。

完全名省略名RGB 3 成分
'yellow''y'[1 1 0]
'magenta''m'[1 0 1]
'cyan''c'[0 1 1]
'red''r'[1 0 0]
'green''g'[0 1 0]
'blue''b'[0 0 1]
'white''w'[1 1 1]
'black''k'[0 0 0]

例: [0.3 0.2 0.1]

例: 'green'

マーカー サイズ。ポイント単位の正の値として指定します。

例: 10

datetime 目盛りラベルの形式。'DatetimeTickFormat' と日付形式の文字ベクトルで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。A-Z および a-z の文字を使用してカスタム形式を作成します。これらの文字は Unicode® LDML (Locale Data Markup Language) の標準の日付表記に対応します。フィールドを区切るために、ハイフン、スペース、コロンなどの ASCII のアルファベット以外の文字を含めることができます。

'DatetimeTickFormat' の値を指定しない場合、plot は座標軸の範囲に基づいて自動的に目盛りラベルの最適化および更新を行います。

例: 'DatetimeTickFormat','eeee, MMMM d, yyyy HH:mm:ss' は、日付と時刻を土曜日, 4 月 19, 2014 21:41:06 のような形式で表示します。

次の表に、一般的な表示形式と、ニューヨーク市の 2014 年 4 月 19 日 (土) 9:41:06 PM の書式設定された出力の例を示します。

DatetimeTickFormat の値
'yyyy-MM-dd'2014-04-19
'dd/MM/yyyy'19/04/2014
'dd.MM.yyyy'19.04.2014
'yyyy年 MM月 dd日'2014年 04月 19日
'MMMM d, yyyy'4 月 19, 2014
'eeee, MMMM d, yyyy HH:mm:ss'土曜日, 4 月 19, 2014 21:41:06
'MMMM d, yyyy HH:mm:ss Z'4 月 19, 2014 21:41:06 -0400

すべての有効な文字識別子の一覧については、datetime 配列の Format プロパティを参照してください。

DatetimeTickFormat はチャート ラインのプロパティではありません。プロットを作成するときに、名前と値のペアの引数を使用して目盛りの形式を設定しなければなりません。または、関数 xtickformat および ytickformat を使用して形式を設定します。

datetime ルーラーの TickLabelFormat プロパティは形式を保存します。

duration 目盛りラベルの形式。'DurationTickFormat' と期間の形式の文字ベクトルで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

'DurationTickFormat' の値を指定しない場合、plot は座標軸の範囲に基づいて自動的に目盛りラベルの最適化および更新を行います。

期間を小数部を含む 1 つの数値 (1.234 時間など) として表示するには、次の表のいずれかの値を指定します。

DurationTickFormat の値 説明
'y'固定長の正確な年数。固定長の 1 年は 365.2425 日と等しくなります。
'd'固定長の正確な日数。固定長の 1 日は 24 時間と等しくなります。
'h'時間数
'm'分の値
's'秒数

例: 'DurationTickFormat','h' は、duration 値を固定長の日数で表示します。

デジタル タイマーの形式で期間を表示するには、次のいずれかの値を指定します。

  • 'dd:hh:mm:ss'

  • 'hh:mm:ss'

  • 'mm:ss'

  • 'hh:mm'

さらに、文字 S を最大 9 個追加することにより、秒の小数部を最大 9 桁表示できます。

例: 'DurationTickFormat','hh:mm:ss.SSS' は duration のミリ秒の値を 3 桁表示します。

DurationTickFormat はチャート ラインのプロパティではありません。プロットを作成するときに、名前と値のペアの引数を使用して目盛りの形式を設定しなければなりません。または、関数 xtickformat および ytickformat を使用して形式を設定します。

duration ルーラーの TickLabelFormat プロパティは形式を保存します。

出力引数

すべて折りたたむ

1 つ以上の chart line オブジェクト。スカラーまたはベクトルとして返されます。これらは特定のチャート ラインのプロパティのクエリと変更に使用できる一意の識別子です。プロパティの一覧については、Chart Line のプロパティ を参照してください。

ヒント

  • ラインの途中で間を空けるには NaN 値および Inf 値を使用します。たとえば、次のコードは最初の 2 つの要素をプロットし、3 番目の要素をスキップし、最後の 2 つの要素を使用して別のラインを描画します。

    plot([1,2,NaN,4,5])

  • plot は座標軸の ColorOrder プロパティと LineStyleOrder プロパティに基づく色とライン スタイルを使用します。plot は最初のライン スタイルで色を順番に使用します。次に、以降のライン スタイルのそれぞれについて再び色を順番に使用します。

    既定の色とライン スタイルを変更するには、ColorOrder プロパティおよび LineStyleOrder プロパティの既定値を設定します。たとえば、既定のライン スタイルをアスタリスクのマーカーをもつ実線、点線およびラインなしの円のマーカーに設定するには、次のコマンドを使用します。

    set(groot,'defaultAxesLineStyleOrder',{'-*',':','o'}) 

    既定値の設定についての詳細は、「既定のプロパティ値」を参照してください。

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?