ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

pcolor

疑似カラー (チェッカーボード) プロット

構文

pcolor(C)
pcolor(X,Y,C)
pcolor(axes_handles,...)
h = pcolor(...)

説明

疑似カラー プロットは、C で決定される色をもつセルの四角形配列です。MATLAB® は、面の四角形 (つまりセル) を定義するために、C の 4 つの隣接点の各セットを使用して疑似カラー プロットを作成します。

既定の関数 shading は、faceted で、各セルを単色にします。C の最後の行と列は、この関数 shading では使用されません。shading interp を使用すると、すべての C 要素を使用し、各セルは 4 頂点の色の bilinear 内挿によって色付けされます。

C の最大要素と最小要素は、colormap の最初と最後の色に割り当てられます。C の残りの要素の色は、値 を colormap 要素へ線形マッピングして決められます。

pcolor(C) は、疑似カラープロットを描画します。C の要素は、現在の colormap のインデックスへ線形にマッピングされます。C から現在のカラーマップへのマッピングは、関数 colormap と関数 caxis で定義します。

pcolor(X,Y,C) は、XY で指定した位置に、C の要素の疑似カラー プロットを描画します。プロットは、論理的には四角形で、点 [X(i,j), Y(i,j)] が頂点となる 2 次元グリッドです。XY は、グリッド ラインの間隔を指定するベクトルまたは行列です。XY がベクトルの場合は、XC の列に対応し、YC の行に対応します。XY が行列の場合は、これらは C と同じサイズでなければなりません。

pcolor(axes_handles,...) は、現在の Axes (関数 gca) の代わりに ハンドル axes_handle をもつ Axes にプロットします。

h = pcolor(...) は、surface グラフィックス オブジェクトのハンドルを返します。

アダマール行列は、+1-1 の要素をもちます。この行列の疑似カラー プロットの表示には、2 つの要素のみをもつカラーマップが適切です。

pcolor(hadamard(20))
colormap(gray(2))
axis ij
axis square

シンプルな模様を極座標系で描画します。

n = 6;
r = (0:n)'/n;
theta = pi*(-n:n)/n;
X = r*cos(theta);
Y = r*sin(theta);
C = r*cos(2*theta);
pcolor(X,Y,C)
axis equal tight 

詳細

すべて展開する

ヒント

疑似カラー プロットは、上部から見たフラットな表面プロットです。pcolor(X,Y,C) は、view([0 90]) を使用して、surf(X,Y,zeros(size(X)),C) を参照することと同じです。

shading faceted または shading flat を使用すると、各セルの色は最小の x-y 座標をもつコーナーの点に関連付けられた色になります。そのため、C(i,j) は、i 行目と j 列目にあるセルの色を決めます。C の最後の行と列は、この関数 shading では使用されません。

shading interp を使用すると、4 つの頂点で色を双一次内挿した結果が各セルの色に使用され、C のすべての要素が使用されます。

アルゴリズム

pcolor(C) の頂点の色の数は、image(C) のセル数と同じです。pcolor(C) は、(カラーマップに適合するためにスケーリングする) 頂点の色を指定するという点で関数 image と異なり、Axes の clim プロパティを変更することで、このカラー マッピングを変更します。image(C) は、セルの色を指定し、スケーリングせずに直接カラーマップへのインデックス付けをします。さらに、pcolor(X,Y,C) は、パラメトリックなグリッドを作成します。これは、関数 image では作成できません。

参考

| | | | |

この情報は役に立ちましたか?