ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

odeget

ODE のオプション値を抽出

構文

  • v = odeget(options,'Name')
  • v = odeget(options,'Name',default)

説明

v = odeget(options,'Name') は、指定されたオプションの値を options (オプション値を含む構造体) から抽出します。options 構造体の作成または更新を行うには、odeset を使用します。

v = odeget(options,'Name',default) は、指定されたオプションの値が options に指定されていない場合に値 v = default を返します。

すべて折りたたむ

odeset を使用して、さまざまなオプションについて複数の値を含む options 構造体を作成します。

M = @(t) [t 0; 0 -t];
options = odeset('RelTol',1e-4,'AbsTol',1e-5,'OutputFcn',@odephas2,...
    'Mass',M,'MassSingular','no','MStateDependence','none')
options = 

              AbsTol: 1.0000e-05
                 BDF: []
              Events: []
         InitialStep: []
            Jacobian: []
           JConstant: []
            JPattern: []
                Mass: @(t)[t,0;0,-t]
        MassSingular: 'no'
            MaxOrder: []
             MaxStep: []
         NonNegative: []
         NormControl: []
           OutputFcn: @odephas2
           OutputSel: []
              Refine: []
              RelTol: 1.0000e-04
               Stats: []
          Vectorized: []
    MStateDependence: 'none'
           MvPattern: []
        InitialSlope: []

odeget を使用して options 構造体から OutputFcn フィールドの値を抽出します。

v = odeget(options,'OutputFcn')
v = 

    @odephas2

次に、Refine フィールドの値を抽出します。このフィールドは設定されていないので、odeget は空行列 [] を返します。

v = odeget(options,'Refine')
v =

     []

odeget に 3 番目の入力を指定して既定の戻り値を変更できます。これにより、v は確実に空になりません。

v = odeget(options,'Refine',1)
v =

     1

入力引数

すべて折りたたむ

options 構造体。options 構造体の作成または変更を行うには、odeset を使用します。

例: options = odeset('RelTol',1e-4,'AbsTol',1e-5) は、相対許容誤差および絶対許容誤差の値が指定された options 構造体を返します。

データ型: struct

オプション名。odeset が受け入れる次の任意の有効なオプションとして指定します。

  • 誤差制御 — 'AbsTol''RelTol''NormControl'

  • 出力制御 — 'NonNegative''OutputFcn''OutputSel''Refine''Stats'

  • ソルバー ステップ — 'InitialStep''MaxStep'

  • イベント関数 — 'Events'

  • ヤコビ行列 — 'Jacobian''JPattern''Vectorized'

  • 質量行列 — 'Mass''MStateDependence''MvPattern''MassSingular''InitialSlope'

  • ode15sode15i のアルゴリズム オプション — 'MaxOrder''BDF'

例: v = odeget(options,'AbsTol')

既定の戻り値。任意の有効な MATLAB オブジェクトとして指定します。

例: v = odeget(options,'AbsTol',1e-6) は、optionsAbsTol の値が設定されていない場合に 1e-6 を返します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | char | struct | table | cell | function_handle | categorical

参考

| |

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?