ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

netcdf.defVar

NetCDF 変数の作成

構文

varid = netcdf.defVar(ncid,varname,xtype,dimids)

説明

varid = netcdf.defVar(ncid,varname,xtype,dimids) は、ncid によって識別されるデータセットで新しい変数を作成します。

varname は、変数の名前を指定する文字列です。xtype は、'double' などの変数のデータ型を指定する文字列であるか、関数 netcdf.getConstant によって返される数値に相当する可能性があります。dimids は次元 ID のリストを指定します。

関数 netcdf.defVar は、新しい変数の数値識別子 varid を返します。

この関数は、NetCDF ライブラリ C API の関数 nc_def_var に相当します。MATLAB® は FORTRAN スタイルの並びを使用するため、最速で可変の次元は 1 番目に、最も遅い次元は最後になります。そのため、制限のない次元は、次元 ID のリストの最後になります。この順番は、C API の並びと逆です。この関数を使用するには、netCDF プログラミング パラダイムを理解している必要があります。詳細は、netcdfを参照してください。

この例では新しい netCDF ファイルを作成し、ファイルで次元を定義し、その次元に変数を定義します(netCDF ファイルでは、変数を作成する前に次元を作成しなければなりません)。この例を実行するには、現在のディレクトリへの書き込み権限が必要です。

% Create  netCDF file.
ncid = netcdf.create('foo.nc','NC_NOCLOBBER');
%
% Define a dimension in the new file.
dimid = netcdf.defDim(ncid,'x',50);

% Define a variable in the new file.
varid = netcdf.defVar(ncid,'myvar','double',dimid)
この情報は役に立ちましたか?