ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

構文

  • C = A - B
  • C = minus(A,B)

説明

C = A - B は、配列 A から配列 B を減算して、C に結果を返します。

C = minus(A,B)A - B の代替方法として実行できますが、まれにしか使用されません。これは、クラスの演算子のオーバーロードを有効にします。

すべて折りたたむ

配列からのスカラーの減算

配列 A を作成し、配列からスカラー値を減算します。

A = [2 1; 3 5];
C = A - 2
C =

     0    -1
     1     3

A の各要素からスカラーが減算されます。

2 つの配列の減算

2 つの配列 A および B を作成し、最初の配列 A から 2 番目の配列 B を減算します。

A = [1 0; 2 4];
B = [5 9; 2 1];
C = A - B
C =

    -4    -9
     0     3

B の要素は A の対応する要素から減算されます。

C の要素の符号を切り替えるには、構文 -C を使用します。

-C
ans =

     4     9
     0    -3

入力引数

すべて折りたたむ

A — 入力配列スカラー | ベクトル | 行列 | 多次元配列

入力配列。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として指定します。A には数値配列、論理配列、文字配列、datetime 配列、duration 配列またはカレンダー期間配列を指定できます。入力 AB は、いずれかがスカラー値でない限り、同じサイズでなければなりません。スカラー値は、他のどの値にも加算できます。

一方の入力が datetime 配列、duration 配列またはカレンダー期間配列の場合、もう一方の入力の数値は、1 日を 24 時間とする日数として扱われます。

一方の入力が datetime 配列の場合、もう一方の入力を日付文字列または日付文字列を含むセル配列にすることもできます。

複素数のサポート: はい

B — 入力配列スカラー | ベクトル | 行列 | 多次元配列

入力配列。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として指定します。B には数値配列、論理配列、文字配列、datetime 配列、duration 配列またはカレンダー期間配列を指定できます。入力 AB は、いずれかがスカラー値でない限り、同じサイズでなければなりません。スカラー値は、他のどの値にも加算できます。

一方の入力が datetime 配列、duration 配列またはカレンダー期間配列の場合、もう一方の入力の数値は、1 日を 24 時間とする日数として扱われます。

一方の入力が datetime 配列の場合、もう一方の入力を日付文字列または日付文字列を含むセル配列にすることもできます。

複素数のサポート: はい

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?