ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

mesh

構文

mesh(X,Y,Z)
mesh(Z)
mesh(...,C)
mesh(...,'PropertyName',PropertyValue,...)
mesh(axes_handles,...)
h = mesh(...)

説明

mesh(X,Y,Z) は、Z で指定された色をもつワイヤーフレーム メッシュを描画します。色は表面の高さに比例して変化します。XY がベクトルの場合、length(X) = nlength(Y) = m になり、[m,n] = size(Z) です。この場合、(X(j), Y(i), Z(i,j)) は、XYZ の行と列に対応するワイヤーフレーム グリッド ラインの交点になります。XY が行列の場合、(X(i,j)Y(i,j)Z(i,j)) は、ワイヤーフレーム グリッド ラインの交点です。

mesh(Z) は、X = 1:nY = 1:m を使用して、ワイヤー フレーム メッシュを描きます。ここで [m,n] = size(Z) です。高さ Z は、四角形グリッドに定義された一価関数です。カラーは表面の高さに比例して変化します。

mesh(...,C) は、行列 C で定義されるカラーでワイヤー フレーム メッシュを描きます。MATLAB® は、現在のカラーマップから色を得るために、Cのデータの線形変換を行います。XYZ が行列の場合、これらは C と同じサイズでなければなりません。

mesh(...,'PropertyName',PropertyValue,...) は、指定された表面プロパティの値を設定します。複数のプロパティ値を 1 つのステートメントで設定できます。

mesh(axes_handles,...) は、現在の Axes (関数 gca) の代わりに ハンドル axes_handle をもつ Axes にプロットします。

h = mesh(...) は、Chart Surface のプロパティ グラフィックス オブジェクトのハンドルを返します。

すべて折りたたむ

関数 sinc のメッシュ プロットの作成

関数 sinc $z = \sin(r)/r$ のメッシュ プロットを作成します。

[X,Y] = meshgrid(-8:.5:8);
R = sqrt(X.^2 + Y.^2) + eps;
Z = sin(R)./R;

figure
mesh(Z)

メッシュ プロットの色の指定

メッシュ プロットの色行列を指定します。

[X,Y] = meshgrid(-8:.5:8);
R = sqrt(X.^2 + Y.^2) + eps;
Z = sin(R)./R;
C = gradient(Z);

figure
mesh(X,Y,Z,C)

メッシュ プロットのライティングとライン幅の変更

Name,Value のペア引数を使用して、メッシュ プロットのライティングとライン幅を変更します。

[X,Y] = meshgrid(-8:.5:8);
R = sqrt(X.^2 + Y.^2) + eps;
Z = sin(R)./R;
C = del2(Z);

figure
mesh(X,Y,Z,C,'FaceLighting','gouraud','LineWidth',0.3)

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

関数 mesh には、複素数入力は使用できません。

メッシュは、view(3) で指定した視点をもつ Surfaceplot グラフィックス オブジェクトとして描かれます。面の色は、(隠蔽された表面を消去してワイヤーフレームをシミュレーションするために) 背景色と同じか、標準の透明なワイヤーフレームを描画するときには none です。現在のカラーマップが、エッジの色を定義します。コマンド hidden は、メッシュの隠蔽された表面の消去を制御し、コマンド shading は、シェーディング モデルを制御します。

この情報は役に立ちましたか?