ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

imagesc

データをスケーリングし、イメージ オブジェクトを表示

構文

imagesc(C)
imagesc(x,y,C)
imagesc(...,clims)
imagesc('PropertyName',PropertyValue,...)
h = imagesc(...)

説明

関数 imagesc は、現在のカラーマップの全領域にイメージ データを拡大縮小してイメージを表示します (「」を参照してください)。

imagesc(C)C をイメージとして表示します。C の各要素は、イメージ内の四角形領域に対応します。C の要素の値は、各パッチの色を決定する現在のカラーマップの中のインデックスです。

imagesc(x,y,C)C をイメージとして表示し、ベクトル xy によりx 軸と y 軸の範囲を指定します。x(1) > x(2) または y(1) > y(2) の場合、イメージはそれぞれ左右、上下に反転します。x および y がスカラーである場合、イメージは指定した場所 (x,y) へ移動され、イメージの上左角が (x,y) で始まるようになります。

imagesc(...,clims)clims で指定された範囲に C の値を正規化し、C をイメージとして表示します。climsC のデータ値の範囲を制限する 2 要素のベクトルです。これらの値は、現在のカラーマップの値の全領域にマッピングします。

imagesc('PropertyName',PropertyValue,...) は関数 imagesc の低水準の構文です。この構文では、プロパティの名前と値のペアだけを入力引数として指定します。プロパティ名とその値のリストについては、「Image Properties」 を参照してください。

h = imagesc(...)image グラフィックス オブジェクトに対するハンドルを返します。

中域カラー解像度を拡張するには、カラーマップで低い値を最初の色に、高い値を最後の色にマッピングし、色値制限 (clims) を指定します。現在のカラーマップのサイズが、81 行 3 列の場合、次のステートメント

clims = [ 10 60 ]
imagesc(C,clims)

は、C の中のデータ値を以下の図に示されるカラーマップにマッピングします。この後に続くコードを以下に示します。

この例では、左のイメージは、以下のステートメントを使用して gray カラーマップにマッピングされます。

load clown
figure
subplot(1,2,1)
imagesc(X)
colormap(gray)
axis image
title('Default CLim (= [1 81])')

右側のイメージは、以下のステートメントを使用して、データ値の 10 から 60 の値を gray カラーマップ全体にスケーリングした値を表示します。

subplot(1,2,2)
clims = [10 60];
imagesc(X,clims)
colormap(gray)
axis image
title('CLim = [10 60]')

この例は、基点から位置 (100, 100) へイメージをシフトする手順を示します。

i = imread('eight.tif');
figure; subplot(2,2,1); imagesc(i);
axis([0 400 0 400]);
colormap(gray);
subplot(2,2,2); imagesc(100,100,i); 
axis([0 400 0 400]);
colormap(gray);

Figure 出力は以下のようになります。

イメージの上右角が、基点ではなく、(100,100) から始まっています。

イメージと合わせてベクトル値を渡すと、イメージが指定サイズ 400 行 400 列でスケーリングされます。

figure; imagesc(1:400,1:400,i); 
colormap(gray);

詳細

すべて展開する

ヒント

xy は、C の要素に影響を与えません。Axes の注釈のみに影響を与えます。length(x) > 2 または length(y) > 2 の場合、関数 imagesc は、それぞれのベクトルの最初と最後の要素以外を無視します。

関数 imagescCDataMapping が scaled に設定されたイメージを作成し、Axes の CLim プロパティを clims に渡される値に設定します。

イメージの x 制限または y 制限外では、対話形式での移動またはズームは実行できません。

既定の設定では、imagesc は最小値から最大値、上から下へと y 軸を描きます。これを逆にするには、set(gca,'YDir','normal') と入力します。これで y 軸とイメージの両方が反転します。

この情報は役に立ちましたか?