ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

genpath

構文

  • p = genpath
  • p = genpath(folderName)

説明

p = genpathmatlabroot/toolbox の下のすべてのフォルダーおよびサブフォルダーを含むパス文字列 p を返します。これには空のサブフォルダーも含まれます。

p = genpath(folderName)folderName および folderName の下の複数レベルのサブフォルダーを含むパス文字列を返します。このパス文字列には、private という名前のフォルダー、@ 文字で始まるフォルダー (クラス フォルダー)、+ 文字で始まるフォルダー (パッケージ フォルダー)、またはこれらの中のサブフォルダーは含まれません。

すべて折りたたむ

検索パスにフォルダーとそのサブフォルダーを追加するには、関数 genpath と関数 addpath を組み合わせて使用します。

matlabroot/toolbox/images/colorspaces とその下のすべてのフォルダーが含まれるパスを生成します。

folderName = fullfile(matlabroot,'toolbox','images','colorspaces');
p = genpath(folderName);

フォルダーおよびそのサブフォルダーを検索パスに追加します。

addpath(p)

入力引数

すべて折りたたむ

フォルダー名。文字列として指定します。

例: 'c:/matlab/myfiles'

参考

| |

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?