ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

freqspace

周波数応答のための周波数データ列の作成

構文

[f1,f2] = freqspace(n)
[f1,f2] = freqspace([m n])
[x1,y1] = freqspace(...,'meshgrid')
f = freqspace(N)
f = freqspace(N,'whole')

説明

関数 freqspace は、等間隔の周波数応答を求めるための暗黙的な周波数範囲を返します。関数 freqspace は、さまざまな 1 次元および 2 次元アプリケーションに対して必要な周波数応答を作成する場合に便利です。

[f1,f2] = freqspace(n) は、nn 列の行列に対する 2 次元周波数ベクトル f1 および f2 を返します。

n が奇数の場合、f1 および f2 は共に [-n+1:2:n-1]/n になります。

n が偶数の場合、f1 および f2 は共に [-n:2:n-2]/n になります。

[f1,f2] = freqspace([m n]) は、mn 列の行列に対する 2 次元周波数ベクトル f1 および f2 を返します。

[x1,y1] = freqspace(...,'meshgrid') は、次のステートメントに等価です。

[f1,f2] = freqspace(...);
[x1,y1] = meshgrid(f1,f2);

f = freqspace(N) は、単位円の回りに N 個の点が等間隔にあるとして、1 次元周波数ベクトル f を返します。N が奇数か偶数にはかかわらず、f(0:2/N:1) になります。したがって、N が偶数の場合、関数 freqspace(N+2)/2 個の点を返します。N が奇数の場合、(N+1)/2 個の点を返します。

f = freqspace(N,'whole') は、単位円全体の周りに等間隔な N 個の点を返します。この場合、f0:2/N:2*(N-1)/N になります。

参考

この情報は役に立ちましたか?