ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

floor

負の無限大方向の丸め

構文

  • Y = floor(X)
  • Y = floor(t)
  • Y = floor(t,unit)

説明

Y = floor(X) は、X の各要素をその要素以下の最も近い整数に丸めます。

Y = floor(t)duration 配列 t の各要素を、その要素以下の最も近い秒数に丸めます。

Y = floor(t,unit)t の各要素を、指定した時刻単位でその要素以下の最も近い数値に丸めます。

すべて折りたたむ

X = [-1.9  -0.2  3.4;  5.6  7.0  2.4+3.6i];
Y = floor(X)
Y =

  -2.0000 + 0.0000i  -1.0000 + 0.0000i   3.0000 + 0.0000i
   5.0000 + 0.0000i   7.0000 + 0.0000i   2.0000 + 3.0000i

duration 配列の各値を、その値以下の最も近い秒数に丸めます。

t = hours(8) + minutes(29:31) + seconds(1.23);
t.Format = 'hh:mm:ss.SS'
t = 

   08:29:01.23   08:30:01.23   08:31:01.23

Y1 = floor(t)
Y1 = 

   08:29:01.00   08:30:01.00   08:31:01.00

t の各値を、その値以下の最も近い時間数に丸めます。

Y2 = floor(t,'hours')
Y2 = 

   08:00:00.00   08:00:00.00   08:00:00.00

入力引数

すべて折りたたむ

入力配列。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として指定します。複素数の X については、floor は実数部と虚数部を個別に扱います。

floor は、X の論理型および char 型の要素を double 型の値に変換します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | char | logical
複素数のサポート: はい

入力の期間。duration 配列として指定します。

時間の単位。'seconds''minutes''hours''days' または 'years' として指定します。1 日を 24 時間として、1 年は厳密に 365.2425 日です。

参考

| |

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?