ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

fileparts

ファイル名とパスのパーツ

    メモ:    fileparts の 4 番目の出力引数 (ファイルのバージョン) はサポートされなくなり、削除されました。この関数を 3 つを超える出力引数で呼び出すとエラーになります。

構文

[pathstr,name,ext] = fileparts(filename)

説明

[pathstr,name,ext] = fileparts(filename) は、指定されたファイルのパス名、ファイル名、および拡張子を返します。ファイルは存在する必要はありません。filename は、単一引用符で囲まれた文字列です。返される ext フィールドには、ファイルの拡張子の前にドット (.) が含まれます。

入力引数

filename

ファイルまたはフォルダーの名前を含む文字列で、パスおよびファイル拡張子を含めることができます。関数は、右端の区切り記号に続くすべての文字を拡張子が付いたファイル名として解釈します。

出力引数

pathstr

パス名として解釈される filename の部分を含む文字列

name

拡張子が付いていないファイルの名前を含む文字列

ext

ピリオド (.) で始まる、ファイル拡張子のみを含む文字列

ファイルの仕様文字列の部分を pathstrname、および ext の個別の文字列出力として返します。完全なファイル仕様は、以下のとおりです。

file = 'H:\user4\matlab\myfile.txt';
[pathstr,name,ext] = fileparts(file)

pathstr =
H:\user4\matlab

name =
myfile

ext =
.txt

ユーザー .cshrc ファイルの部分を次のようにしてクエリします。

[pathstr,name,ext] = fileparts('/home/jsmith/.cshrc')

pathstr =
/home/jsmith

name =
   Empty string: 1-by-0

ext =
.cshrc

fileparts は、ファイル名がピリオドで始まっているため、ファイル名全体を拡張子として解釈します。

代替方法

ファイル名およびパスを対話形式で選択して返すには uigetfile を、パス名を対話形式で選択して返すには uigetdir を使用します。uigetfile の出力で fileparts を呼び出す場合は、ファイル名と拡張子を解析できます。

詳細

すべて展開する

パス名

目的のフォルダー位置の絶対パスまたは部分パスで、通常、ファイル名文字列の最初の部分です。パス名はスラッシュ文字で終わり、必要に応じて、ドライブ文字で始めることができます。Windows® パスでは、バック スラッシュ (\) を使用します。UNIX および Macintosh のパスでは、スラッシュ (/) を使用します。

ヒント

  • fileparts は、ファイル名のみを解析します。ファイルまたはフォルダーが存在していることは確認しません。

  • パーツからファイルを復元するには、次の関数を使用します。

    fullfile(pathstr,[name ext])
  • Microsoft® Windows システムでは、同じ文字列内であっても、スラッシュ (/) またはバック スラッシュ (\) のいずれかをパスの区切り記号として使用できます。UNIX® システムと Macintosh システムでは、区切り記号として / のみ使用してください。関数 filesep を使用して、コードが実行されるプラットフォームに正しい区切り文字を挿入できます。

    sep = filesep;
    file = ['H:' sep 'user4' sep 'matlab' sep 'myfile.txt'];
    
    file =
    H:\user4\matlab\myfile.txt
  • 入力がフォルダー名のみで構成されている場合は、右端の文字が区切り記号 (/ または \) であることを確認してください。そうでない場合、fileparts は、filename の末尾部分をファイルの名前として解析し、pathstr ではなく name に結果を返します。

この情報は役に立ちましたか?