ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

figure

Figure ウィンドウの作成

構文

figure
figure('PropertyName',propertyvalue,...)
figure(h)
h = figure(...)

プロパティ

プロパティの一覧については、Figure のプロパティ を参照してください。

説明

figure は、既定のプロパティ値を使って、新しい Figure ウィンドウを作成します。この新しい Figure ウィンドウは現在の Figure となり、画面上の他のすべての Figure の一番上に表示されます。この Figure のタイトルは既存の Figure でまだ使用されていない整数値になります。MATLAB® はこの整数値を Figure の Number プロパティに保存します。

figure('PropertyName',propertyvalue,...) は、特定のプロパティ値を使って、新しい Figure ウィンドウを作成します。使用可能なプロパティの一覧については、Figure のプロパティ を参照してください。MATLAB は、引数として明示的に設定されていないプロパティに対しては、既定値を使用します。

figure(h) は次のいずれかを実行します。

  • h が既存の Figure のハンドルまたは Number プロパティの値である場合、figure(h) はその既存の Figure を現在の Figure として扱い、この Figure を表示して、画面上の他のすべての Figure の上に移動します。現在の Figure は、グラフィックス出力のターゲットです。

  • h が既存の Figure のハンドルでなく、Number プロパティの値でもない整数である場合は、figure(h) は figure オブジェクトを作成し、その Number プロパティに値 h を割り当てます。

  • h が Figure のハンドルでなく、正の整数でもない場合、MATLAB はエラーを返します。

h = figure(...) は、ハンドルを Figure オブジェクトに返します。

Figure サイズおよび画面位置の指定

画面の 4 分の 1 のサイズの Figure ウィンドウを左上隅の位置に作成するには、root オブジェクトの ScreenSize プロパティを使ってサイズを決定します。ScreenSize プロパティ値は [left bottom width height] の 4 要素ベクトルです。

scrsz = get(groot,'ScreenSize');
figure('Position',[1 scrsz(4)/2 scrsz(3)/2 scrsz(4)/2])

Figure ウィンドウをメニュー バー、タイトル バー、ツール バー、および外周を含めて全画面表示にするには、OuterPosition プロパティを同様に使用します。

Figure ウィンドウのタイトルの指定

Name プロパティを設定し、NumberTitle プロパティをオフにすることで、Figure に独自のタイトルを追加できます。

figure('Name','Simulation Plot Window','NumberTitle','off')

既定のプロパティの設定

既定の Figure プロパティは、groot レベルでのみ設定することができます。

set(groot,'DefaultFigureProperty',PropertyValue...)

ここで、Property は Figure プロパティの名前、PropertyValue は設定する値です。Figure プロパティにアクセスするには、関数 set および関数 get を使用します。

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

Figure の特定のプロパティをクエリまたは変更するには、ドット表記を使用します。たとえば、f.Units = 'inches' は、Figure fUnits プロパティをインチに設定します。

Figure は、デスクトップ内にドッキングすることができます。DockControls プロパティにより、Figure を合体できるかどうかを判断できます。

Figure の現在の Figure に指定

現在の Figure は、グラフィックス出力のターゲットです。Figure h を現在の Figure にする方法には 2 とおりあります。

  • 次の関数は、Figure h を現在の Figure にして可視化し、他の Figure より全面に表示します。

    figure(h);
  • 次の関数は、Figure h を現在の Figure にしますが、可視性および他の Figure とのスタック順序は変更しません。

    set(groot,'CurrentFigure',h);
この情報は役に立ちましたか?