ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

figure

Figure グラフィックス オブジェクトの作成

構文

figure
figure
figure('PropertyName',propertyvalue,...)
figure(h)
h = figure(...)

プロパティ

プロパティの一覧については、「Figure Properties」を参照してください。

説明

関数 figure は、Figure グラフィックス オブジェクトを作成します。Figure オブジェクトは、MATLAB® ソフトウェアがグラフィカルな出力を表示する画面上の個別のウィンドウです。

figure は、既定のプロパティ値を使って、新しい Figure オブジェクトを作成します。新規作成された Figure オブジェクトは、現在の Figure となり、新しい Figure が作成または呼び出されるまでその他の Figure より前面に表示されます。

figure は、既定のプロパティ値を使って、新しい Figure オブジェクトを作成します。その Number プロパティ値は、別の Figure に割り当てられていない最小の正の整数になります。この数値は Figure のタイトル バーに既定のプロパティ値として表示されます。新規作成された Figure オブジェクトは、現在の Figure となり、新しい Figure が作成または呼び出されるまでその他の Figure より前面に表示されます。

Number プロパティには他の Figure に割り当てられていない最小の正の整数が割り当てられています。この数値は Figure のタイトル バーにも表示されます。

figure('PropertyName',propertyvalue,...) は、指定されたプロパティの値を使用して、新しい Figure オブジェクトを作成します。プロパティの説明は、「Figure Properties」を参照してください。MATLAB は、引数として明示的に定義されていないプロパティの値に既定値を使用します。

figure(h) は次のいずれかを実行します。

  • h が既存の Figure のハンドルまたは Number プロパティの値である場合、figure(h) はその既存の Figure を現在の Figure として扱い、この Figure を表示して、他のすべての Figure より前面に配置します。現在の Figure は、グラフィックス出力のターゲットです。

  • h が既存の Figure のハンドルでなく、Number プロパティの値でもない整数である場合は、figure(h) は Figure オブジェクトを作成し、その Number プロパティに値 h を割り当てます。

  • h が Figure のハンドルでなく、正の整数でもない場合、MATLAB はエラーを返します。

h = figure(...) は、ハンドルを Figure オブジェクトに返します。

Figure サイズおよび画面位置の指定

画面の 4 分の 1 のサイズの Figure を左上隅の位置に作成するには、Root オブジェクトの ScreenSize プロパティを使ってサイズを決定します。ScreenSize は、次のような 4 要素ベクトルです。 [left, bottom, width, height]:

scrsz = get(groot,'ScreenSize');
figure('Position',[1 scrsz(4)/2 scrsz(3)/2 scrsz(4)/2])

Figure ウィンドウをメニュー バー、タイトル バー、ツール バー、および外周を含めて全画面表示にするには、OuterPosition プロパティを同様に使用します。

Figure ウィンドウのタイトルの指定

Name プロパティを使用して、Figure に独自のタイトルを設定することができます。また、NumberTitle プロパティでは、Figure 番号をオフにすることができます。

figure('Name','Simulation Plot Window','NumberTitle','off')

すべてのプロパティの説明は、「Figure Properties」を参照してください。

既定のプロパティの設定

既定の Figure プロパティは、rootobject レベルでのみ設定することができます。

set(groot,'DefaultFigureProperty',PropertyValue...)

ここで、Property は Figure プロパティの名前、PropertyValue は設定する値です。Figure プロパティにアクセスするには、関数 set および関数 get を使用します。

詳細は、「既定のプロパティ値の設定」を参照してください。

詳細

すべて展開する

ヒント

MATLAB は、ウィンドウの特性が既定の Figure プロパティ (出荷時設定とユーザー定義の両方) および引数として指定されたプロパティで制御される新規ウィンドウを作成することによって、Figure オブジェクトを作成します。これらのプロパティの説明は、「Figure Properties」を参照してください。

プロパティは、プロパティの名前と値のペア、構造体配列、セル配列として指定できます (これらのデータ型の指定方法の例は、関数 set および関数 get のリファレンス ページを参照してください)。

既存の Figure プロパティを修正する場合には関数 set を、Figure プロパティの現在の値を確認するためには関数 get を使用してください。

gcf コマンドは、現在の Figure のハンドルを返します。また、このコマンドは、set コマンドおよび get コマンドの引数として使用できます。

Figure は、デスクトップ内にドッキングすることができます。DockControls プロパティにより、Figure を合体できるかどうかを判断できます。

Figure の現在の Figure に指定

現在の Figure は、グラフィックス出力のターゲットです。Figure h を現在の Figure にする方法には 2 とおりあります。

  • 次の関数は、Figure h を現在の Figure にして可視化し、他の Figure より全面に表示します。

    figure(h);
  • 次の関数は、Figure h を現在の Figure にしますが、可視性および他の Figure とのスタック順序は変更しません。

    set(groot,'CurrentFigure',h);
この情報は役に立ちましたか?