ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

errordlg

エラー ダイアログ ボックスの作成

構文

h = errordlg
h = errordlg(errorstring)
h = errordlg(errorstring,dlgname)
h = errordlg(errorstring,dlgname,createmode)

説明

h = errordlg は、タイトルが Error Dialog で文字列 "This is the default error string." を含むダイアログ ボックスを作成して表示します。関数 errordlg は、ダイアログ ボックスのハンドルを h に返します。

h = errordlg(errorstring) は、タイトルが Error Dialog で文字列 errorstring を含むダイアログ ボックスを表示します。

h = errordlg(errorstring,dlgname) は、タイトルが dlgname で文字列 errorstring を含むダイアログ ボックスを表示します。

h = errordlg(errorstring,dlgname,createmode) は、エラー ダイアログ ボックスかモーダルか非モーダルかを指定します。オプションで、errorstring および dlgname のインタープリターを指定することもできます。引数 createmode は、文字列または構造体になります。

createmode が文字列の場合、次の表に示す値のいずれかでなければなりません。

createmode の値説明
'modal'

作成され、クリックされた Title を指定するエラー ダイアログ ボックスを、指定されているモーダル エラー ダイアログ ボックスと置き換えます。同じタイトルのその他のすべてのダイアログ ボックスが削除されます。モーダル、非モーダルのいずれのダイアログ ボックスも置き換えられます。

'nonmodal' (既定)

指定されたパラメーターで、新しい非モーダル エラー ダイアログ ボックスを作成します。同じタイトルの既存のダイアログ ボックスは、削除されません。

'replace'

作成され、クリックされた Title を指定するエラー ダイアログ ボックスを、指定されている非モーダル エラー ダイアログ ボックスと置き換えます。同じタイトルのその他のすべてのダイアログ ボックスが削除されます。モーダル、非モーダルのいずれのダイアログ ボックスも置き換えられます。

    メモ:   モーダル ダイアログ ボックスを操作する前に、ユーザーは他のウィンドウの操作ができません。MATLAB® プログラムの実行も同様にブロックするには、関数 uiwait を使用します。

    モーダル ダイアログ (errordlgmsgbox または warndlg で作成) は、これらの関数で作成された同名の既存のダイアログを置き換えます。

    モーダル ダイアログ ボックスの詳細は、Figure のプロパティWindowStyle を参照してください。

CreateMode が構造体の場合、WindowStyleInterpreter フィールドをもちます。WindowStyle は、上記の表に示されるオプションのいずれかでなければなりません。Interpreter は、文字列 'tex' または 'none' のいずれかです。Interpreter の既定値は 'none' です。

次のコード、

errordlg('File not found','File Error');

は、以下のダイアログ ボックスを表示します。

次のコード、

mode = struct('WindowStyle','nonmodal',... 
       'Interpreter','tex');
h = errordlg('Try this equation instead: f(x) = x^2',...
    'Equation Error', mode);

は、以下のダイアログ ボックスを表示します。

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

MATLAB は、文字列 'errorstring' に合わせてダイアログ ボックスのサイズを決めます。エラー ダイアログ ボックスには、[OK] プッシュ ボタンがあり、[OK] ボタンをクリックするか、Return キーを押すまで画面に表示されます。ボタンをクリックすると、ダイアログ ボックスは非表示になります。

ダイアログ ボックスの外観は、使用しているプラットフォームによって異なります。

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?