ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

dragrect

マウスを使って四角形をドラッグ

構文

[finalrect] = dragrect(initialrect)
[finalrect] = dragrect(initialrect,stepsize)

説明

[finalrect] = dragrect(initialrect) は、画面上の任意の 1 つまたは複数の四角形を追跡します。n 行 4 列の行列 initialrect により四角形を定義します。initialrect の各行は、[left bottom width height] の値のように初期の四角形の位置を含んでいなければなりません。dragrect は、四角形の最終位置を finalrect に返します。

[finalrect] = dragrect(initialrect,stepsize) は、stepsize で指定されたインクリメント量だけ四角形を移動します。最初の四角形の左下隅は、Figure の左下隅から始まるサイズ stepsize のグリッドで決められ、その他の四角形は、最初の四角形からそれらのオリジナルのオフセットで決められます。

[finalrect] = dragrect(...) は、マウス ボタンが解除されたときの四角形の最終位置を返します。既定のステップ サイズは 1 です。

幅が 50 ピクセルで、高さが 100 ピクセルの四角形をドラッグします。

waitforbuttonpress
point1 = get(gcf,'CurrentPoint') % button down detected
rect = [point1(1,1) point1(1,2) 50 100]
[r2] = dragrect(rect)

詳細

すべて展開する

ヒント

関数 dragrect は、マウス ボタンが現在押されていない場合、すぐに返されます。関数 dragrect が呼び出されたときにマウス ボタンが必ず押されているようにするには、ButtonDownFcn で、またはコマンド ラインから waitforbuttonpress と組み合わせて関数 dragrect を使用します。マウス ボタンが離されると、関数 dragrect が返されます。

ドラッグが Figure ウィンドウ上で終了すると、四角形の位置が、その Figure の座標系に返されます。ドラッグを Figure ウィンドウの外で終了すると、四角形は、ドラッグを開始した Figure の座標系に返されます。

    メモ:    関数 dragrect では、Figure に正規化された単位は使用できません。

この情報は役に立ちましたか?