ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

dbstep

現在のブレークポイントから次の実行可能な行を実行

構文

説明

dbstep は、デバッグ中に現在のファイルにある次の実行可能な行を実行します。このとき、現在の行が呼び出す関数内に設定されているブレークポイントをすべてスキップします。

dbstep in は、次に実行可能な行にステップします。その行に別の MATLAB® コード ファイル関数の呼び出しが含まれる場合、実行は呼び出される関数の最初の実行可能行にステップします。その行に MATLAB コード ファイルの呼び出しがない場合、dbstep indbstep と同じです。

dbstep out は現在の関数の残りを実行し、関数から出た直後に停止します。MATLAB は、検出したすべてのブレークポイントで実行を一時停止します。

dbstep nlines は、指定された数の実行可能行を実行します。MATLAB は、検出したすべてのブレークポイントで実行を一時停止します。

すべて折りたたむ

次のステートメントを含むファイル myfile.m を作成します。

function n = myfile(x)
n = myfunction(x-1);

function z = myfunction(y)
z = 2 / y ;

myfile の第 1 行にブレークポイントを設定し、1 を入力して myfile を実行します。MATLAB は関数 myfile の行 n = myfunction(x-1) で一時停止します。

dbstop in myfile
myfile(2);
2   n = myfunction(x-1);

次の実行行にステップします。MATLAB は関数 myfile の最後に到達します。

K>> dbstep
End of function myfile.

もう 1 回ステップして myfile の実行を完了し、デバッグを終了します。

次のステートメントを含むファイル myfile.m を作成します。

function n = myfile(x)
n = myfunction(x-1);

function z = myfunction(y)
z = 2 / y ;

myfile の第 1 行にブレークポイントを設定し、1 を入力して myfile を実行します。MATLAB は関数 myfile の行 n = myfunction(x-1) で一時停止します。

dbstop in myfile
myfile(2);
2   n = myfunction(x-1);

myfunction にステップ インします。MATLAB は myfunction の実行を開始し、その関数の第 1 行で一時停止します。

K>> dbstep in
5   z = 2 / y;

コードの次の 4 行をステップ実行し、myfile の実行を完了してデバッグを終了します。

K>> dbstep 4
ans =

   2

次のステートメントを含むファイル myfile.m を作成します。

function n = myfile(x)
n = myfunction(x-1);

function z = myfunction(y)
z = 2 / y ;

myfile の第 1 行にブレークポイントを設定し、1 を入力して myfile を実行します。MATLAB は関数 myfile の行 n = myfunction(x-1) で一時停止します。

dbstop in myfile
myfile(2);

myfunction にステップ インします。MATLAB は myfunction の実行を開始し、その関数の第 1 行で一時停止します。

K>> dbstep in
5   z = 2 / y;

myfunction からステップ アウトします。MATLAB は myfunction の実行を終了し、呼び出し関数 myfile に戻ります。

K>> dbstep out
2   n = myfunction(x-1);

もう 1 回ステップ アウトして、myfile の実行を完了し、デバッグを終了します。

関連する例

入力引数

すべて折りたたむ

実行可能な行数。正の整数として指定します。

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?