ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

cdflib.setVarSparseRecords

変数によるスパースのレコードの処理方法の指定

構文

cdflib.getVarSparseRecords(cdfId,varNum,stype)

説明

cdflib.getVarSparseRecords(cdfId,varNum,stype) は、CDF (Common Data Format) ファイル内の変数のスパースのレコード タイプを指定します。

入力引数

cdfId

関数 cdflib.create または関数 cdflib.open の呼び出しによって返される、CDF ファイル識別子。

varNum

設定する変数を識別する数値。変数番号はゼロからカウントします。

stype

変数によるスパースのレコード処理方法を指定する次のいずれかのテキスト文字列、またはその等価な数値。

テキスト文字列 説明
'NO_SPARSERECORDS'スパースのレコードなし。
'PAD_SPARSERECORDS'スパースのレコードの場合、ライブラリは、欠落したレコードから値を読み取るときに変数の pad 値を使用します。
'PREV_SPARSERECORDS'スパースのレコードの場合、ライブラリは、欠落したレコードから値を読み取るときに前の既存のレコードの値を使用します。前の既存のレコードが存在しない場合、ライブラリは変数の pad 値を使用します。

これらのテキスト文字列定数に相当する数値を取得するには、関数 cdflib.getConstantValue を使用します。

マルチファイル CDF を開き、変数を閉じます。

CDF を作成し、変数を作成したら、変数のスパースのレコード タイプを設定します。この例を実行するためには、書き込み可能なフォルダーに移動します。

cdfid = cdflib.create('your_file.cdf');

% Create a variable in the file.
varNum = cdflib.createVar(cdfid,'Time','cdf_int1',1,[],true,[]);

% Set the sparse records type of the variable
cdflib.setVarSparseRecords(cdfid,varNum,'PAD_SPARSERECORDS');

% Check the sparse records type of the variable
stype = cdflib.getVarSparseRecords(cdfid,varNum)

stype =

PAD_SPARSERECORDS


%Clean up
cdflib.delete(cdfid);

clear cdfid

関連する例

参照

この関数は、CDF ライブラリ C API のルーチン CDFsetzVarSparseRecords に相当します。

この関数を使用するには、CDF C インターフェイスに関する知識を必要とします。CDF website にある CDF のドキュメンテーションを参照してください。

著作権に関する情報は、cdfcopyright.txt ファイルを参照してください。

この情報は役に立ちましたか?