ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

camdolly

カメラ位置とターゲットを移動する

構文

camdolly(dx,dy,dz)
camdolly(dx,dy,dz,'targetmode')
camdolly(dx,dy,dz,targetmode,coordsys)
camdolly(ax,...)

説明

camdolly(dx,dy,dz) は、カメラの位置とカメラのターゲットを指定された量 (dxdy、および dz) だけ移動します。

camdolly(dx,dy,dz,'targetmode') は、引数 targetmode を使用してカメラの移動方法を指定します。

  • 'movetarget' (既定の設定) — カメラとターゲットの両方を移動します。

  • 'fixtarget' — カメラのみを移動します。

camdolly(dx,dy,dz,targetmode,coordsys) は引数 coordsys を使用して、MATLAB® による dxdy および dz の解釈方法を決定します。

  • 'camera' (既定の設定) — カメラの座標系内で移動します。dx は左右に、dy は上下に、dz は視点軸に沿って移動します。MATLAB は単位を画面に合わせて正規化します。

    たとえば、dx を 1 に設定すると、カメラは右に移動し、Axes の位置を表す四角形によって設定されるボックスの左端に表示が移動します。負の値は、表示を反対方向に移動します。dz を 0.5 に設定すると、カメラは現在のカメラ位置とカメラのターゲットの中間点に移動します。

  • 'pixels'dxdy をピクセルのオフセットとして解釈します。このオプションでは dz は無視されます。

  • 'data'dxdy および dz を、座標軸のデータ座標におけるオフセットとして解釈します。

camdolly(ax,...) は、最初の引数 ax で定義される座標軸上で操作を実行します。axes オブジェクトを指定しない場合、関数 camdolly は現在の座標軸上で操作を行います。

camdolly は、座標軸の CameraPosition プロパティおよび CameraTarget プロパティを設定し、これによって CameraPositionMode および CameraTargetMode プロパティが manual に設定されます。

実行ステップごとにカメラを x 軸と y 軸に沿って移動します。

surf(peaks)
axis vis3d
t = 0:pi/20:4*pi;
dx = sin(t)./40;
dy = cos(t)./40;
for i = 1:length(t);
    camdolly(dx(i),dy(i),0)
    drawnow 
end

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?