ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

axes

Axes グラフィックス オブジェクトを作成

構文

axes
axes('PropertyName',propertyvalue,...)
axes(h)
h = axes(...)

プロパティ

プロパティの一覧については、Axes のプロパティ を参照してください。

説明

関数 axes は、既定のプロパティ値を使用して、現在の Figure の中に Axes グラフィックス オブジェクトを作成します。関数 axes は、Axes グラフィックス オブジェクトを作成するための低水準関数です。Axes が存在しないときに、グラフを作成するコマンドを実行すると、Axes が自動的に作成されます。

axes('PropertyName',propertyvalue,...) は、指定したプロパティ値をもつ Axes オブジェクトを作成します。プロパティの詳細は、Axes のプロパティ を参照してください。MATLAB® は、引数として明示的に設定されていないプロパティに対しては、既定値を使用します。axes 関数は、入力引数として、プロパティの名前と値のペア、構造体配列、セル配列を使うことができます (このようなデータ型を設定する方法は、set コマンドと get コマンドのページの例を参照してください)。Axes オブジェクトの基本的な目的は、データをプロットするときの座標系を設定するものですが、Axes のプロパティは、データを表示するために MATLAB で使用する方法を十分に制御するものです。

axes(h) は、既存の Axes の h を現在の Axes にして、これを含む Figure に焦点を当てます。これは、h を Figure の Children プロパティの中に最初にリストされる座標軸にし、Figure の CurrentAxes プロパティを h に設定します。現在の Axes は、Image、Line、Patch、Rectangle、Surface、Text グラフィックス オブジェクトを描く関数に対して、ターゲットになるものです。

親 Figure の状態を変更せずに、Axes を現在の Axes にする場合、その Axes を含む Figure の CurrentAxes プロパティを設定します。

set(figure_handle,'CurrentAxes',axes_handle)

このコマンドは、Figure を最小化または他の Figure の下にスタックしたままで、現在の Axes を指定する場合に便利です。

h = axes(...) は、作成される Axes オブジェクトのハンドルを返します。

既存の Axes のプロパティを変更するには関数 set を、Axes のプロパティの現在の値を調べるには関数 get を使用します。また、現在の Axes のハンドルを得るには、gca コマンドを使います。

関数 axis (関数 axes ではありません) は、Axes のスケーリングや表示方法を制御するために一般に使われているプロパティに、簡単にアクセスすることができます。

Figure およびルート レベルで座標軸の既定のプロパティを設定します。

set(groot,'DefaultAxesPropertyName',PropertyValue,...)
set(gcf,'DefaultAxesPropertyName',PropertyValue,...)
PropertyName は、Axes のプロパティ名で、PropertyValue はユーザーが指定する値です。Axes のプロパティにアクセスするには、setget を使用してください。

表示域に合わせる

既定の設定では、MATLAB は Axes の四角形 (Position プロパティの最後の 2 要素で定義される四角形) を満たすために、Axes を引き伸ばします。これにより、グラフは四角形内の空間を使用することができます。しかし、引き伸ばしや、特定の 3 次元の縦横比で表示するために、(球面のような) 3 次元グラフは、歪んで表示されます。

表示域に合わせる機能は、DataAspectRatioModePlotBoxAspectRatioMode、および CameraViewAngleMode がすべて auto (既定の設定) のときに有効になります。ただし、DataAspectRatioPlotBoxAspectRatio、または CameraViewAngle を指定した場合や、対応するモードのうちの 1 つまたは複数が manual に設定されている (対応するプロパティの値を指定すると自動的に設定されます) 場合は、無効になります。

下図は、表示域に合わせる機能を使用したときと使用しないときの球面を表示したものです。点線は、Axes の Position を決める四角形を示しています。

表示域に合わせる機能を使用できないとき、MATLAB は、Position により設定される四角形によって歪みが生じない範囲で、Axes をできるだけ大きく設定します。上の図では、四角形の高さが Axes のサイズに制約を与えています。

すべて折りたたむ

Figure ウィンドウでの複数の Axes の定義

1 つの Figure ウィンドウ内で、複数の Axes を定義します。

figure
axes('Position',[0.1,0.1,0.7,0.7])
contour(peaks(20))

axes('Position',[0.7,0.7,0.28,0.28])
surf(peaks(20))

代替方法

Figure を作成するには、Figure ウィンドウの [ファイル] メニューから、[新規作成][Figure] を選択します。Axes を Figure に追加するには、Figure パレットのいずれかの "新しいサブプロット" アイコンをクリックし、右にスライドして、新しい Axes の配置を選択します。詳細は、「プロット ツールによるグラフのカスタマイズ」を参照してください。

参考

MATLAB 関数

プロパティ

この情報は役に立ちましたか?