ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

acotd

構文

  • Y = acotd(X)

説明

Y = acotd(X) は、X 要素の逆余接 (cot-1) を度単位で返します。関数の定義域と値域には複素数値を含みます。[-Inf,Inf] の範囲に X の実数要素が存在する場合、acotd は [-90,90] の範囲内の値を返します。X が複素数値の場合、複素数値を返します。

すべて折りたたむ

x = [0 20 Inf];
y = acotd(x)
y =

   90.0000    2.8624         0

ベクトル、行列または N 次元配列を渡すと、acotd の演算が要素ごとに行われます。

acotd(1+i)
ans =

  31.7175 -23.0535i

入力引数

すべて折りたたむ

実数値または複素数値のスカラー、ベクトル、行列、N 次元配列として指定する、角度の余接。X が非スカラーの場合、acotd 演算は要素単位で行われます。

データ型: single | double
複素数のサポート: はい

出力引数

すべて折りたたむ

X と同じサイズの実数値または複素数値のスカラー、ベクトル、行列または N 次元配列として返される角度 (度単位)。

参考

| |

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?