ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

クラスの連結の再定義

既定の連結

オブジェクトを配列に連結できます。たとえば、MyClass クラスの 3 つのインスタンス obj1obj2obj3 をもつものと仮定します。かっこを使用して、これらのオブジェクトをもつさまざまな配列を作成できます。水平連結は、horzcat を呼び出します。

HorArray = [obj1,obj2,obj3];

HorArray は、MyClass クラスの 1 x 3 配列です。これらのオブジェクトを垂直の次元について連結できます。この場合、vertcat が呼び出されます。

VertArray = [obj1;obj2;obj3]

VertArray は、MyClass クラスの 3 x 1 配列です。関数 cat を使用して、異なる次元について配列を連結できます。たとえば、

ndArray = cat(3,HorArray,HorArray);

ndArray は 1 x 3 x 2 配列です。

horzcatvertcat および cat をオーバーロードして、専用の動作をクラスで生成します。MATLAB® はどの連結操作でも関数 horzcatvertcat を使用するので、オブジェクトの連結を変更する場合は常に、両方の関数をオーバーロードしなければなりません。

horzcat と vertcat の例

プロパティをもつ組み込み型のサブクラス

この情報は役に立ちましたか?