ドキュメンテーション

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

COM コレクションの使用

COM "コレクション" は、反復が可能な関連する COM オブジェクトのグループをサポートするための手段です。コレクションは、コレクション内の項目の数を含む Count プロパティ (読み取り専用) と、コレクションから 1 つの項目を取得するための Item メソッドをもつ特殊なインターフェイスです。

Item メソッドにはインデックスが付けられています。これは、コレクション内のどの項目が要求されるかを指定する引数が必要であることを意味します。インデックスのデータ型には、特定のコレクションに対して適切で、コレクションをサポートするコントロールまたはサーバーに固有の任意のデータ型を指定できます。整数インデックスが一般的ですが、文字列値にすることも可能です。多くの場合、Item メソッドの戻り値はそれ自体がインターフェイスです。すべてのインターフェイスと同様に、終了時にこのインターフェイスを解放してください。

次の例はコレクションのメンバーを反復します。コレクションの各メンバーはそれ自体がインターフェイスです (Plot と呼ばれ、hPlot という MATLAB® の COM オブジェクトで表わされます)。特にこの例では Plot インターフェイスのコレクションを反復し、各インターフェイスについて Redraw メソッドを呼び出し、各インターフェイスを解放します。

hCollection = hControl.Plots;
for i = 1:hCollection.Count
   hPlot = hCollection.invoke('Item', i);
   hPlot.Redraw;
   hPlot.release;
end;
hCollection.release;
この情報は役に立ちましたか?