ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Java ライブラリ

MATLAB に不可欠な Java ソフトウェア

MATLAB® の各インストールには、Java® Virtual Machine (JVM™) ソフトウェアが含まれます。MATLAB コマンドを介して Java インタープリターを使用したり、Java オブジェクトを作成およびアクセスするプログラムを作成および実行できます。

MATLAB から以下のことができます。

  • I/O やネットワークなど、基本的なアクティビティをサポートする Java API (アプリケーション プログラミング インターフェイス) クラス パッケージへのアクセス。たとえば、URL クラスによってインターネット上のリソースに容易にアクセスできるようになります。

  • サードパーティの Java クラスへのアクセス

  • MATLAB ワークスペースにおける Java オブジェクト構築の容易化

  • Java または MATLAB 構文による Java メソッドの呼び出し

  • MATLAB 変数と Java オブジェクト間におけるデータの受け渡し

MATLAB での Java ライブラリの使用目的

MATLAB Java インターフェイスは、Java プログラミング言語の特別な機能を利用しようとする MATLAB ユーザーを対象としています。

  • MATLAB から、使用可能な Java クラスの機能にアクセスする必要がある。

  • Java やその他の言語 (C++ など) のオブジェクト指向型プログラミングに精通している。

  • MATLAB クラス システムまたは「MEX ファイル作成 API」に精通している。

Java プログラミング言語の詳細

Java 言語の詳細や、オブジェクト指向型のソフトウェア設計およびプログラミングの指針は、外部リソースを参照してください。

JVM ソフトウェアのプラットフォーム サポート

現在のプラットフォームで MATLAB が使用する JVM ソフトウェアのバージョンを調べるには、MATLAB プロンプトに以下を入力します。

version -java

関連する例

この情報は役に立ちましたか?