ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Mac プラットフォームでの MATLAB の起動

Applications フォルダーからの起動

この例では、MATLAB®Applications フォルダーから起動する方法について説明します。

Applications/matlabroot フォルダー (matlabroot は MATLAB がインストールされているフォルダーの名前) で MATLAB アイコンをダブルクリックします。

デスクトップが開き、MATLAB を前回終了したときに開いていたコンポーネントが表示されます。

既定の起動フォルダーは userhome/Documents/MATLAB です。

MATLAB は、userpath フォルダーを検索パスの一番上に自動的に追加します。

Java® ソフトウェアのような必須のシステム コンポーネントでの問題が原因で MATLAB が起動できない場合は、自動的に診断が行われ、問題とその解決法が表示されます。

ターミナル ウィンドウからの起動

この例では、ターミナル ウィンドウから MATLAB を起動する方法について説明します。

ターミナル ウィンドウを開きます。

MATLAB インストール フォルダーに移動します。

/Applications/matlabroot/MATLAB_Release.app/bin

ここで、matlabroot は MATLAB がインストールされているフォルダーの名前で、Release は MATLAB のリリース番号 (R2013b など) です。

MATLAB を起動します。

./matlab

デスクトップが開き、MATLAB を前回終了したときに開いていたコンポーネントが表示されます。

既定の起動フォルダーは MATLAB インストール フォルダーです。

MATLAB は、userpath フォルダーを検索パスの一番上に自動的に追加します。

Java ソフトウェアのような必須のシステム コンポーネントでの問題が原因で MATLAB が起動できない場合は、自動的に診断が行われ、問題とその解決法が表示されます。

参考

詳細

この情報は役に立ちましたか?