ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ワークスペースと変数の設定

ワークスペース ブラウザーの設定

ワークスペース ブラウザーの設定を使用して、ワークスペース変数を MATLAB® スクリプトに保存するためのオプションを設定できます。これによって、計算が実行される配列のサイズを制限したり、NaN を計算に含めるか無視するかを指定することもできます。

ワークスペース ブラウザーの設定を開くには、[ホーム] タブの [環境] セクションで [設定] をクリックします。[MATLAB][ワークスペース] を選択します。

設定使用方法
変数を MATLAB スクリプトに書き込むためのしきい値

MATLAB スクリプトに保存される配列の要素数を制限するには、[配列の最大サイズ] を指定します。

MATLAB スクリプトに保存される構造体、配列またはオブジェクトの入れ子レベルを制限するには [構造体/オブジェクトの最大の入れ子レベル] を指定します。

多次元配列形式

多次元配列を MATLAB スクリプトに保存する際の形式を指定します。

コンパクトなスクリプトを作成するには、[整形された行ベクトル (簡潔さと効率性を重視)] を選択します。

配列表現を保持するには、[2 次元ページ (可読性を重視)] を選択します。2 次元スライスの次元は、以下の要件を満たす整数です。

  • 正である。

  • n 次元配列の次元数以下である。

  • 2 つ目の整数は 1 つ目より大きい。

ファイル形式MATLAB スクリプト内のテキストの折り返し幅を設定するには、[1 行の最大文字数] を指定します。
n 個以下の要素をもつ配列に対してのみ統計値を表示

MATLAB がワークスペース ブラウザーで統計結果を更新するときに、パフォーマンスを向上させるためにワークスペース ブラウザーが統計を表示する配列のサイズを制限します。

詳細は、ワークスペース ブラウザーでの統計計算を参照してください。

[計算での NaN 値の取り扱い]

ワークスペース ブラウザーに表示される統計に対して、NaN 値を計算に含めるか除外するかを指定します。

  • [統計量の計算に NaN を考慮]

  • [統計量の計算に NaN を考慮しない]

変数の設定

変数エディターで作業をするとき、変数の設定では、配列書式、カーソル移動およびシステム クリップボードを使用してデータをエクスポートする際の小数点の記号を指定できます。

変数の設定を開くには、[ホーム] タブの [環境] セクションで [設定] をクリックします。[MATLAB][変数] を選択します。

設定使用方法
形式

[既定の配列形式] からオプションを選択して、変数エディターに表示される数値の既定の配列出力形式を指定します。この形式設定は、数値の表示にのみ影響し、MATLAB での計算方法や保存方法には影響しません。形式オプションの詳細は、関数 format のリファレンス ページを参照してください。

編集

要素を入力し、Enter キーを押した後のカーソルの移動先を指定します。

  • 入力した要素にカーソルをとどめておく場合は、[Enter キーを押した後の移動方向] のチェック ボックスをオフにします。

  • 別の要素にカーソルを移動するには、[Enter キーを押した後の移動方向] のチェック ボックスをオンにします。[方向] フィールドでカーソルの移動方法を指定します。

[インターナショナルな数値の取り扱い]

[システムのクリップボード経由で数値データをエクスポートするための小数点の記号] フィールドで、変数エディターから切り取った数値またはコピーした数値の小数点の記号を、テキスト ファイルや他のアプリケーションに貼り付けるときに指定します。

この設定は、MATLAB でコピーしたり貼り付けたりする数値データには影響しません。MATLAB 内では、小数点の記号には常にピリオドを使用します。

この情報は役に立ちましたか?