ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB 起動フォルダー

MATLAB® を起動すると、MATLAB は現在のフォルダーを [一般設定] の [初期作業フォルダー] の値に設定します。現在のフォルダーを確認するには、コマンド ラインで pwd と入力します。便宜上、初期作業フォルダーは頻繁に使用するフォルダーにします。

初期作業フォルダーが [MATLAB 起動ルールに基づく場所] に設定されている場合、MATLAB は以下のトピックで説明する既定値を使用します。

    メモ:   startup.m ファイルが現在のフォルダーを変更している場合は、この値が初期作業フォルダーの値をオーバーライドします。cd ステートメントを startup.m に追加しないでください。

Windows プラットフォーム上の既定のフォルダー

MATLAB の起動方法起動フォルダー

Windows® デスクトップの MATLAB ショートカットをダブルクリックする

起動フォルダーは userpath の値に設定され、その既定値は Documents\MATLAB です。userpath フォルダーは自動的に検索パスに追加されます。MATLAB で有効な userpath 値が見つからない場合、起動フォルダーは C:\Windows\System32 です。

MATLAB に関連付けられたファイル タイプをダブルクリックする

ファイルが存在するフォルダーが起動フォルダーになります。userpath フォルダーは自動的に検索パスに追加されます。

DOS ウィンドウ

matlab コマンドを実行したフォルダーが起動フォルダーになります。userpath フォルダーは自動的に検索パスに追加されます。

Mac プラットフォームの既定のフォルダー

MATLAB の起動方法起動フォルダー

MATLAB アプリケーションをダブルクリック

起動フォルダーは、userpath と入力したときに返される値であり、既定値は userhome/Documents/MATLAB です。MATLAB は起動時に userpath フォルダーを検索パスの先頭に自動的に追加します。userpath に他のフォルダーを指定し、他のオプションを指定するには関数 userpath を使用します。

環境変数 MATLAB_USE_USERWORK の値を 1 に設定すると、userpath を起動フォルダーに指定できます。

MATLAB をシェルで起動

起動フォルダーは MATLAB インストール フォルダーです。

Linux プラットフォーム上の既定のフォルダー

Linux® プラットフォーム上の既定の起動フォルダーは、MATLAB を起動したフォルダーになります。

userpath を起動フォルダーに指定するには、起動する前に環境変数 MATLAB_USE_USERWORK の値を 1 に設定します。既定の設定では、userpathuserhome/Documents/MATLAB になります。MATLAB は起動時に userpath フォルダーを検索パスの先頭に自動的に追加します。userpath に他のフォルダーを指定し、他のオプションを指定するには MATLAB 関数 userpath を使用します。

userpath を初期作業フォルダーに使用

userpath を起動フォルダーとして使用すると、以下の利点があります。

  • 適切な名前が付いたフォルダー (Documents/MATLAB など) に使用する MATLAB ファイルを保存することができます。

  • 現在のフォルダーが常に同じであるため、起動後すぐに MATLAB ファイルを使用できます。

  • MATLAB が userpath フォルダーを自動的に検索パスの先頭に追加するため、このフォルダーに含まれるファイルをいつでも実行できます。

  • MATLAB の最新バージョンをはじめて実行すると、MATLAB は userpath フォルダーが存在しない場合は自動的に作成します。

  • MATLAB を新バージョンにアップグレードする際、MATLAB は自動的に、同じ起動フォルダーとそこに含まれる既存のファイルを引き続き使用します。

  • 既定の userpath では、Windows 環境と Macintosh 環境の標準の場所に個人ファイルを保存することによる利点が生かされます。他のマシンを使用するときでも、Documents/MATLAB フォルダー内のファイルを使用できます。各ユーザーは独自の Documents/MATLAB フォルダーをもつため、他のユーザーが同じマシンを使用しても別のユーザーの Documents/MATLAB フォルダーにアクセスすることはできません。

起動フォルダーの変更

初期作業フォルダーを設定するには、[一般設定] パネルを使用します。[ホーム] タブの [環境] セクションで、[設定] をクリックします。[MATLAB][一般] を選択します。[初期作業フォルダー] のオプションを選択します。

参考

|

関連する例

詳細

この情報は役に立ちましたか?