ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

座標軸外のテキストの表示

この例では、テキストに 2 番目の座標軸を作成することで、座標軸の外側にテキストを表示する方法を説明します。MATLAB® では、常に text オブジェクトを座標軸に表示します。座標軸と並べて説明テキストを配置する場合は、テキストを配置するためにもう 1 つの座標軸を作成しなければなりません。

位置 [0 0 1 1] を指定することで、Figure ウィンドウ全体を包含する非表示の座標軸 ax1 を作成します。次に、実際にプロットを表示する小さい座標軸 ax2 を作成します。ax2 を関数 plot への入力引数として指定して、小さい座標軸でライン プロットを作成します。

fig = figure;
ax1 = axes('Position',[0 0 1 1],'Visible','off');
ax2 = axes('Position',[.3 .1 .6 .8]);

t = 0:1000;
y = 0.25*exp(-0.005*t);
plot(ax2,t,y)

テキストを定義します。セル配列を使用して、複数行のテキストを作成します。

descr = {'Plot of the function:';
    'y = A{\ite}^{-\alpha{\itt}}';
    ' ';
    'With the values:';
    'A = 0.25';
    '\alpha = .005';
    't = 0:1000'};

関数 text はテキストを現在の座標軸に配置しないように、大きい方の座標軸を現在の座標軸として設定します。次に、テキストを表示します。

axes(ax1) % sets ax1 to current axes
text(.025,0.6,descr)

この情報は役に立ちましたか?