ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

truesize

イメージの表示サイズの調整

構文

truesize(fig,[mrows ncols])

説明

truesize(fig,[mrows ncols]) は、イメージの表示サイズを調整します。fig は、1 つのイメージまたはカラー バー付きの 1 つのイメージが含まれる Figure です。[mrows ncols] は、イメージが占める要求された画面領域をピクセル単位で指定する 1 行 2 列のベクトルです。

truesize(fig) は、[mrows ncols] のイメージの高さと幅を使用します。その結果、各イメージ ピクセルの 1 つの画面ピクセルが含まれる表示となります。

Figure を指定しない場合、truesize は現在の Figure を使用します。

Figure ウィンドウにイメージを適合させます。

imshow(checkerboard,'InitialMagnification','fit')

イメージと Figure のサイズを変更して 80 × 80 ピクセル サイズのイメージを表示します。

truesize
この情報は役に立ちましたか?