ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

isicc

ICC カラー プロファイルが有効な場合は True

構文

TF = isicc(P)

説明

TF = isicc(P) は、構造体 P が有効な ICC カラー プロファイルである場合は True を、それ以外の場合は False を返します。

isicc は、ICC プロファイルに必要なタグの完全なセットが P に含まれるかどうかをチェックします。PHeader フィールド、Version フィールド、DeviceClass フィールドと順に含まなければなりません。これらのフィールドは、「www.color.org」で利用可能な Version 2 (ICC.1:2001-04)、または Version 4 (ICC.1:2001-12) のいずれかの ICC プロファイル仕様に従って、必要なタグのセットを決定するために使われます。必要なタグのセットは、いずれかのバージョンの Section 6.3 で与えられます。

ICC プロファイルを読み取り、isiccTrue を返します。

P = iccread('sRGB.icm');

TF = isicc(P)

TF =

   1

この例では、MATLAB® 構造体を作成し、isicc を使用して有効な ICC プロファイルが含まれるかどうかをテストします。isiccFalse を返します。

S.name = 'Any Student';
S.score = 83;
S.grade = 'B+'

TF = isicc(S)

TF =

     0
この情報は役に立ちましたか?