ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Parallel Computing Toolbox

マルチコア コンピューター、GPU およびコンピューター クラスターで並列計算を実行

Parallel Computing Toolbox™ では、マルチコア プロセッサ、GPU およびコンピューター クラスターを使用して、計算量やデータ量の多い問題を解くことができます。並列 for ループ、特殊な配列タイプ、並列化された数値アルゴリズムなどの高度な要素により、CUDA や MPI のプログラミングなしに MATLAB® アプリケーションを並列化できます。このツールボックスを Simulink® と共に使用することで、1 つのモデルの複数のシミュレーションを並列で実行できます。

このツールボックスを使用すると、ローカルで実行されるワーカー (MATLAB 計算エンジン) 上でアプリケーションを実行することにより、マルチコア デスクトップの処理能力をフルに活用することができます。コードを変更せずに、同じアプリケーションをコンピューター クラスターまたはグリッド コンピューティング サービスで (MATLAB Distributed Computing Server™ を使用して) 実行できます。並列アプリケーションは対話形式で、またはバッチで実行できます。

Parallel Computing Toolbox 入門

Parallel Computing Toolbox の基礎を学ぶ

並列計算の基礎

並列計算の解決策の選択

並列 for ループ (parfor)

並列プールのワーカーで parfor を実行して並列処理を利用する

非同期並列プログラミング

parfeval を使用してバックグランドで関数を評価する

ビッグ データの処理

分散配列、tall 配列、データ ストアまたは mapreduce を使用して、Spark® クラスターおよび Hadoop® クラスター上でビッグ データセットを並列解析する

バッチ処理

関数の実行をオフロードしてバックグラウンドで実行する

GPU 計算

コードを GPU で実行して高速化する

クラスターとクラウド

クラスター プロファイルを用いてクラスター リソースと作業を検出する

パフォーマンスのプロファイリング

並列コードのパフォーマンスを改善する