ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Parallel Computing Toolbox

マルチコア コンピューター、GPU およびコンピューター クラスターで並列計算を実行

Parallel Computing Toolbox™ では、マルチコア プロセッサ、GPU およびコンピューター クラスターを使用して、計算量やデータ量の多い問題を解くことができます。並列 for ループ、特殊な配列タイプ、並列化された数値アルゴリズムなどの高度な要素により、CUDA や MPI のプログラミングなしに MATLAB アプリケーションを並列化できます。このツールボックスを Simulink と共に使用することで、1 つのモデルの複数のシミュレーションを並列で実行できます。

並列 for ループ (parfor)

parfor 言語構成を使用して、並列プールでループ反復を並列実行する

バッチ処理

クラスターまたはデスクトップ バックグラウンドで実行されるよう、関数またはスクリプトの実行をオフロードする

GPU 計算

MATLAB® とグラフィックス処理装置 (GPU) の間でデータを転送し、GPU 上でコードを実行する

分散配列 および SPMD

データ並列計算および同時実行のために複数の MATLAB ワーカーに配列を分割する

ビッグ データのための並列 MapReduce

mapreduce プログラムを、並列プールまたは Hadoop® クラスターで実行し、高速化する

クラスター プロファイルおよび計算スケーリング

クラスター リソースを特定し、使用に関するパラメーターを指定する

ジョブおよびタスクの詳細な制御

より詳細な制御によりジョブおよびタスクをプログラムする

パフォーマンス

並列コードのパフォーマンスを改善する