ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ngrid

ニコルス線図に重ねる

構文

ngrid

説明

ngrid はニコルス線図のグリッド線を SISO LTI システムのニコルス周波数応答に重ねます。ニコルス グリッド線の範囲はニコルス周波数応答全体に及ぶように設定されます。

図は、複素数 H/(1 + H) を H に関連付けます。ここでH は任意の複素数です。SISO システムでは、H が開ループ周波数応答の点の場合、

H1+H

は、1 つの負のフィードバックを想定した閉ループ周波数応答の対応値になります。

現在の軸が空の場合、ngrid はゲインが -40 dB から 40 dB の範囲、位相は -360 度から 0 度の範囲の新しいニコルス線図を作成します。現在の軸に SISO ニコルス周波数応答が含まれない場合、ngrid は警告を返します。

すべて折りたたむ

次のシステムのニコルス グリッド線付きのニコルス応答をプロットします。

$$H(s) = \frac{{ - 4{s^4} + 48{s^3} - 18{s^2} + 250s + 600}}{{{s^4} +
30{s^3} + 282{s^2} + 525s + 60}}.$$

H = tf([-4 48 -18 250 600],[1 30 282 525 60]);
nichols(H)
ngrid

ニコルス線図の右クリック メニューには、"ズーム""タイト" オプションがあります。これを使用して、ニコルス線図の制約されていない分岐を切り取ることができます。

参考

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?