ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

GPU を使ったシミュレーションの高速化

ターボ、LDPC、ビタビ、たたみ込み符号化

System object

comm.gpu.AWGNChannel GPU を使用した入力信号へのホワイト ガウス ノイズの付加
comm.gpu.BlockDeinterleaver ブロック インターリーブされたシーケンス順序の GPU による復元
comm.gpu.BlockInterleaver GPU によるブロック インターリーブ シーケンスの作成
comm.gpu.ConvolutionalDeinterleaver GPU によるシフト レジスタを使用したシンボル順序の復元
comm.gpu.ConvolutionalEncoder GPU によるバイナリ データのたたみ込み符号化
comm.gpu.ConvolutionalInterleaver GPU によるシフト レジスタを使用した入力シンボルの並べ替え
comm.gpu.LDPCDecoder GPU を使用してバイナリ低密度パリティ チェック データを復号化する
comm.gpu.PSKDemodulator
comm.gpu.PSKModulator
comm.gpu.TurboDecoder GPU で並列連結復号化を使用して入力信号を復号化する
comm.gpu.ViterbiDecoder たたみ込み符号化されたデータをビタビ アルゴリズムを使用して GPU で復号化する

例および操作のヒント

ターボ符号化を使用した送信と復号化

ターボ符号化されたデータのブロックを BPSK 変調された AWGN チャネル経由で送信します。

GPU を使用した複数のデータ フレームの処理

この例では、LDPC 復号器 System object™ を使用して 2 つのデータ フレームを同時に処理する方法を示します。

NumFrames プロパティを使用した複数のデータ フレームの処理

この例では、GPU ベースのビタビ復号器 System object の NumFrames プロパティを使用して、複数のデータ フレームを処理する方法を示します。

step メソッドの入力への gpuArray の引き渡し

この例では、step メソッドの入力に gpuArray を渡してレイテンシを低減させる方法を示します。

概念

GPU ベースの System object

GPU ベースの System object は外見も動作も Communications System Toolbox™ の他の System object とほぼ同様です。

GPU の使用に関する一般的なガイドライン

グラフィックス プロセシング ユニット (GPU) は大量データの処理と高負荷計算の実行に威力を発揮します。

gpuArray と標準の MATLAB 数値配列

GPU ベースの System object は、gpuArray クラスを使用して作成した一般的な MATLAB® 配列またはオブジェクトを step メソッドの入力として受け入れます。

System ブロックでの GPU System object のサポート

GPU System object は [インタープリター型実行] を使用してシミュレーションしなければなりません。

この情報は役に立ちましたか?