ドキュメンテーション

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Walsh Code Generator

一連の直交符号からウォルシュ符号を生成する

ライブラリ

Comm Sources の Sequence Generators サブライブラリ

説明

ウォルシュ符号は、一連の N コードとして定義され、Wj (j = 0, 1, ... , N - 1) として表されます。これには次のプロパティがあります。

  • Wj は +1 および -1 の値をとる。

  • すべての j に対して Wj[0] = 1

  • j = 0, 1, ... , N - 1 に対して Wj は必ず j ゼロクロッシングをもつ。

  • WjWkT={0jkNj=k

  • 各コードの Wj は、その中間点を考慮して整数または奇数です。

ウォルシュ符号は、次数 N のアダマール行列を使って定義されています。Walsh Code Generator ブロックは、範囲 [0, ..., N - 1] 内の整数でなければならない、[Walsh code index] で指定したアダマール行列の列を出力します。[Walsh code index] を整数 j に設定した場合、出力コードは j = 0, 1, ... , N - 1 に対して正確に j ゼロクロッシングになります。

ただし、Walsh Code Generator ブロックでのインデックス付けは、Hadamard Code Generator ブロックでのインデックス付けとは異なることに注意してください。Walsh Code Generator ブロックで [Walsh code index] を設定し、Hadamard Code Generator ブロックで [Code index parameter] を設定した場合、2 つのブロックは異なるコードを出力します。

ダイアログ ボックス

Code length

出力コードの長さを指定する、2 のべき乗である整数スカラー。

Code index

範囲 [0, 1, ... , N - 1] の整数スカラー。ここで、N は [Code length] であり、出力コードのゼロクロッシングの数を指定します。

Sample time

出力信号のサンプル時間を指定する正の実数スカラー。

Frame-based outputs

オンにすると、ブロックはフレームベースの信号を出力します。オフにすると、ブロックは [1] 方向性をもたないスカラーを出力します。

Samples per frame

フレームベースの出力信号のサンプル数。このフィールドが有効になるのは、[Frame-based outputs] を選択した場合のみです。[Samples per frame][Code length] よりも長い場合、コードは循環的に繰り返されます。

Output data type

ブロックの出力型は int8 または double として指定できます。既定の設定では、ブロックはこれを double に設定します。

この情報は役に立ちましたか?