ドキュメンテーション

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

OQPSK Demodulator Baseband

OQPSK 変調されたデータの復調

ライブラリ

Modulation の Digital Baseband サブライブラリ内の PM

説明

OQPSK Demodulator Baseband ブロックは、オフセット直交位相シフト キーイング手法を使って変調された信号を復調します。入力は、変調信号のベースバンド表現です。

入力は離散時間の複素信号でなければなりません。このブロックは、スカラー値または列ベクトルの入力信号を受け入れます。各ブロック端子がサポートするデータ型の詳細は、「サポートされているデータ型」を参照してください。

[Output type] パラメーターを [Integer] に設定した場合、ブロックは 0 から 3 までの整数シンボル値を出力します。[Output type] パラメーターを [Bit] に設定した場合は、ブロックは、長さが偶数値であるバイナリ値のベクトルで整数の 2 ビット バイナリ表現を出力します。

ブロックは、入力サンプルの各ペアに対して 1 つの出力シンボルを生成します。入力サンプル周期は各出力整数またはビット ペアの半分の周期です。ビット ペアをシンボルにマップするために使用するコンスタレーションは、OQPSK Modulator Baseband ブロックのリファレンス ページに記載されています。

シングルレート処理

シングルレート処理モードの場合、入力信号および出力信号における端子のサンプル時間は同じになります。ブロックは、入力と比較する際に出力でのサイズ変更を行うことによってレート変更を暗黙的に実装します。入力は、偶数長の列ベクトルにできます。

  • [Output type][Bit] に設定すると、出力幅は入力シンボル数の 2 倍になります。

  • [Output type][Integer] に設定した場合、出力幅は入力シンボルの数と一致します。

このモデルを開くこのモデルを開くには、MATLAB® コマンド ラインで「doc_moqpskdemod_fb」と入力します。

マルチレート処理

マルチレート処理モードの場合、入力信号および出力信号における端子のサンプル時間は異なります。入力はスカラーでなければなりません。出力シンボル時間は入力サンプル時間の 2 倍になります。

  • [Output type][Bit] に設定すると、出力幅は 2 になります。

  • [Output type][Integer] に設定した場合、出力幅はスカラー値となります。

このモデルを開くこのモデルを開くには、MATLAB コマンド ラインで「doc_moqpskdemod_sb」と入力します。

遅延

「例: 復調による遅延」で説明するように、変調器と復調器のペアには遅延が内在しています。

信号の流れ図

OQPSK 固定小数点信号の流れ図

    メモ:    2 つの入力サンプルごとに 1 つの出力信号が生成されます。上記の図で、破線部分は入力サンプル処理で構成されている領域を表します。

OQPSK 浮動小数点信号の流れ図

    メモ:    2 つの入力サンプルごとに 1 つの出力信号が生成されます。上記の図で、破線部分は入力サンプル処理で構成されている領域を表します。

ダイアログ ボックス

Phase offset (rad)

コンスタレーションの 0 番目の点の位相が π/4 からシフトされる量。

Output type

出力が整数で構成されるか、ビットのペアで構成されるかを決めます。

Rate options

ブロックのレート処理オプションを選択します。

  • Enforce single-rate processing — このオプションを選択すると、入力信号と出力信号の端子サンプル時間が同じになります。ブロックは、出力のサイズを入力と比較して変更することによって、レートを変更します。出力幅は、整数出力に対しては入力幅の半分になります。

  • Allow multirate processing — このオプションを選択すると、入力信号と出力信号の端子サンプル時間は異なるものになります。出力シンボル時間は入力サンプル時間の 2 倍になります。

      メモ:    オプションの [Inherit from input (this choice will be removed - see release notes)] は将来のリリースでは削除される予定です。詳細は、『Communications System Toolbox™ リリース ノート』の「Frame-Based Processing」を参照してください。

データ型ペイン

Output

ビット出力に対しては、出力データ型は、'Inherit via internal rule''Smallest unsigned integer'doublesingleint8uint8int16uint16int32uint32boolean のいずれかに設定できます。

整数出力の場合、出力データ型を、'Inherit via internal rule''Smallest unsigned integer'doublesingleint8uint8int16uint16int32、または uint32 に設定できます。

このパラメーターを 'Inherit via internal rule' (既定の設定) に設定した場合、ブロックは出力のデータ型を入力端子から継承します。入力が浮動小数点型 (single または double) の場合、出力のデータ型は入力のデータ型と同じになります。入力データ型が固定小数点の場合、出力データ型はこのパラメーターが 'Smallest unsigned integer' に設定されているかのように動作します。

このパラメーターを 'Smallest unsigned integer' に設定した場合、出力のデータ型は、モデルの [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ハードウェア実行] ペインの設定に基づいて選択されます。

[ハードウェア実行] ペインで ASIC/FPGA が選択されており、[Output type]Bit である場合、出力データ型は理想的な最小 1 ビット サイズ、つまり、ufix1 になります。その他の選択肢を選んだ場合は、1 ビットに収まるうちで最小の語長となる符号なし整数とされ、通常は対応する文字のサイズとなります (uint8 など)。

[ハードウェア実行] ペインで ASIC/FPGA が選択されており、[Output type]Integer である場合、出力データ型は理想的な最小 2 ビット サイズ、つまり、ufix2 になります。他のすべての選択に対して、これは利用可能な最も小さなワード長が 2 ビットに十分収まる大きさである符号なし整数であり、通常は char のサイズ (uint8) に対応します。

Derotate factor

このパラメーターは、入力が固定小数点であり、[位相オフセット]Π2 の倍数でないときにだけ適用されます。

これは、Same word length as input または Specify word length (この場合、ユーザー入力のフィールドが有効になります) に設定できます。

Accumulator

アキュムレータのデータ型を指定します。このパラメーターは Inherit via internal ruleSame as input、または Binary point scaling に設定できます。

[Accumulator] パラメーターは、固定小数点の入力にのみ適用されます。[Rounding] パラメーターと [Overflow] パラメーターに対して行った選択は、[Accumulator] に影響します。

さらなる計算用に加算結果を保持しなければならない固定小数点の Communications System Toolbox ブロックでは、通常、アキュムレータのデータ型とスケーリングを指定できます。そのようなブロックのほとんどは、加算の前にアキュムレータ データ型にキャストします。

[Accumulator—Mode] パラメーターを使用して、アキュムレータの語長と小数部の長さの特定方法を指定します。

  • [Inherit via internal rule] を選択すると、アキュムレータ出力の語長と小数部の長さが自動的に計算されます。詳細は、「Inherit via Internal Rule」を参照してください。

  • [Same as product output]を選択すると、これらの特性は乗算出力の特性と一致します。

  • [Same as input] を選択すると、これらの特性はブロックへの最初の入力の特性と一致します。

  • [Binary point scaling] を選択すると、アキュムレータの語長と小数部の長さをビット単位で入力できます。

  • [Slope and bias scaling] を選択すると、語長 (ビット単位) とアキュムレータの勾配を入力できます。DSP System Toolbox™ ソフトウェアのすべての信号のバイアスは 0 です。

Rounding

固定小数点演算の結果が、結果を格納するスケーリングおよびデータ型で示される数値に完全なマッピングが行えない場合、ブロックは [Rounding] 方式を使用します。詳細は、『DSP System Toolbox User's Guide』の「Rounding Modes」または Fixed-Point Designer™ ドキュメンテーションの「丸めモード: シンプルな丸め」を参照してください。

Overflow

固定小数点計算結果の大きさが選択されたデータ型の範囲に収まらないときに、結果を格納する方法を指定します。このパラメーターには [Wrap] または [Saturate] のいずれかを選択できます。

詳細は、DSP System Toolbox の「Precision and Range」サブセクションにある「Overflow」を参照してください。

Mapping input

これは Same as accumulator または Binary point scaling に設定できます。このパラメーターは、固定小数点入力のみに適用されます。

サポートされているデータ型

端子サポートされているデータ型

入力

  • 倍精度浮動小数点

  • 単精度浮動小数点

  • 符号付き固定小数点

Output

  • 倍精度浮動小数点

  • 単精度浮動小数点

  • Boolean ([Output type][Bit] の場合)

  • 8、16、32 ビット符号付き整数

  • 8、16、32 ビット符号なし整数

  • ASIC/FPGA の ufix(1) ([Output type][Bit] の場合)

  • [Output type][Integer] のときに ASIC/FPGA で ufix(2)

ペア ブロック

OQPSK Modulator Baseband

この情報は役に立ちましたか?