ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

構文

z = fmdemod(y,Fc,Fs,freqdev)
z = fmdemod(y,Fc,Fs,freqdev,ini_phase)

説明

z = fmdemod(y,Fc,Fs,freqdev) は、周波数復調を使用して、搬送波信号からの変調信号 z を復調します。搬送波信号の周波数は Fc (Hz) で、サンプルレートは Fs (Hz) です。ここで、Fs は少なくとも 2*Fc でなければなりません。freqdev 引数は、変調された信号 y の周波数偏差 (Hz) です。

z = fmdemod(y,Fc,Fs,freqdev,ini_phase) は、変調信号の初期位相をラジアン単位で指定します。

すべて折りたたむ

サンプルレートと搬送周波数を設定します。持続時間が 0.2 秒の時間ベクトルを生成します。

fs = 1000;
fc = 200;
t = (0:1/fs:0.2)';

正弦波信号を作成します。

x = sin(2*pi*30*t)+2*sin(2*pi*60*t);

周波数偏差を 50 Hz に設定します。

fDev = 50;

x を周波数変調します。

y = fmmod(x,fc,fs,fDev);

z を復調します。

z = fmdemod(y,fc,fs,fDev); % Demodulate both channels.

元の信号と復調した信号をプロットします。

plot(t,x,'c',t,z,'b--');
xlabel('Time (s)')
ylabel('Amplitude')
legend('Original Signal','Demodulated Signal')

復調した信号は元の信号とよく一致しています。

参考

| |

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?