ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

DBPSK Demodulator Baseband

DBPSK 変調されたデータを復調する

ライブラリ

Modulation の Digital Baseband サブライブラリ内の PM

説明

DBPSK Demodulator Baseband ブロックは、差動バイナリ位相シフト キーイング メソッドを使用して変調された信号を復調します。入力は、変調信号のベースバンド表現です。

入力は離散時間の複素信号でなければなりません。ブロックは現在のシンボルを前のシンボルと比較します。ブロックは θ と π+θ の位相差をそれぞれ 0 と 1 の出力に割り当てます。ここで θ は [Phase rotation] パラメーターです。ブロックのシンボルの 1 番目の要素は初期条件 0 です。これは 1 番目のシンボルを比較する前のシンボルがないためです。

このブロックは、スカラーまたは列ベクトルの入力信号を受け入れます。入力信号は、single および double のデータ型になります。各ブロック端子でサポートされるデータ型については、サポートされているデータ型を参照してください。

ダイアログ ボックス

Phase rotation (rad)

現在と以前の変調されたシンボル間の位相差は、ゼロの出力になります。

Output data type

パラメーターを 'Inherit via internal rule' (既定の設定) に設定した場合、ブロックは出力のデータ型を入力端子から継承します。入力が single または double 型の場合、出力のデータ型は入力のデータ型と同じになります。

詳細は、サポートされているデータ型を参照してください。

サポートされているデータ型

端子サポートされているデータ型

入力

  • 倍精度浮動小数点

  • 単精度浮動小数点

Output

  • 倍精度浮動小数点

  • 単精度浮動小数点

  • boolean

  • 8、16、32 ビット符号付き整数

  • 8、16、32 ビット符号なし整数

ペア ブロック

DBPSK Modulator Baseband

この情報は役に立ちましたか?