MATLAB コードの高速化と並列処理

この2日コースでは、MATLAB® コードを高速化するための様々なテクニックについて学びます。 配列の事前定義やベクトル化などの手法を使用して、計算上のボトルネックを削除できるだけでなく、MATLAB Coderを使用して、MATLAB コードを MEX ファイルにコンパイルすることができます。 さらに、Parallel Computing Toolbox を使用して for ループを並列化することで、コンピュータ上の複数のコアを活用できるようになります。また、MATLAB Parallel Server を 使用して複数のコンピュータに分散処理させることもできます。コース全体を通じてこれら各種テクニックの相互関係について理解を深めていきます。 本コースは長時間のシミュレーションにお困りのユーザーが対象となります。

  • パフォーマンスの改善
  • MEX-files の生成
  • 並列処理
  • 並列 for ループ
  • 実行のオフロード
  • クラスターの扱い
  • GPU 計算

コース概要の詳細を見る

スケジュールと受講申請

必要条件

MATLAB 基礎 コースを受講され実践されている方、もしくは同等の知識を有する方。また、関数や関数ハンドルの記述と活用、オブジェクト操作の経験のある方。

スケジュールと受講申請

結果 1 - 3 / 3
日付 開催地 言語 料金 申請
2019 年06月27日-
2019 年06月28日
日本, 名古屋市 Japanese JPY 140,000
2019 年09月19日-
2019 年09月20日
日本, 東京都 Japanese JPY 140,000
2019 年12月05日-
2019 年12月06日
日本, 名古屋市 Japanese JPY 140,000
結果 1 - 3 / 3

この価格は アメリカ合衆国, で購入および使用された際に適用されます。その他の地域での価格については、弊社営業までお問い合わせください。製品価格には、売上税、使用税、消費税、付加価値税、その他の税金は含まれていません。ご注文の際に、実際に適用される税金、関税、課徴金、賦課金および政府関係費用が確定します。詳細については、MathWorks トレーニング ポリシーを参照してください。